冊子型のPDFファイルをダウンロードしていただけます。
プリントアウトの上、中央を山折りにし、端を綴じてご活用ください。

 

 

 

 

飛鳥川

ワキ 都人
シテ 母
ツレ(二人) 早乙女
子方 友若

地は 大和
季は 五月

ワキ次第「昨日入りにし三吉野の。〳〵。北の山路へ帰るらん。
詞「是は上京辺に住居する者にて候。是に渡り候ふ幼き人は。母御を行方なく失ひ給ひ御嘆き候ふ程に。我等御供申し御祈りの為め。昨日三吉野へ参詣申し。唯今都へ上り候。
道行「一夜寝て。又立ち帰る旅衣。〳〵。昨日過ぎにし道芝の。露も草葉も五月雨の。山水そへて行末の。岸田の早苗緑にて。波も淵瀬の名にしおふ。飛鳥川にも着きにけり。〳〵。
詞「御急ぎ候ふ程に。是はゝや飛鳥川に着きて候。向ふを見れば笛鼓を鳴らし田歌を謡ひ候ふぞや。暫く御詠め候へ。
シテ、ツレ一声「飛鳥川。岸田の早苗とり〴〵の。袖も緑の気色かな。
ツレ二人「山郭公声添へて。
三人「謡ふ田歌も猶繁し。
シテサシ「種蒔きし其神の代ぞ久方の。天の村早稲種継ぎて。
三人「今人の世の末までも。恵みの国は治まりて。我等如きの民までも。地儀のかまへは豊かなり。然れば神と君が代の。広き御影の有難さよ。
歌「天の川。苗代水にせき下せ。〳〵。天降ります事ならば。神ぞ知るらん世のためし。雨も豊かに木の音も。長閑けき飛鳥風。都はこゝに遠けれど。あまざかる鄙の国まで。洩れぬ誓ひは有難や。〳〵。
シテ「暫く休らひて田を植ゑうずるにて候。
ワキ「面白や頃は五月の初めつ方。四方の梢も深緑。けしきを添へて小田の早苗。取り持つ人の裳裾をひたし。袖を濡らせる有様は。実にをり〳〵の目前なり。又是なる川の水出でゝ。本の渡瀬も定かならねど。昨日渡りし其まゝに。川瀬を尋ね渡り行けば。
シテ詞「なふ旅人こゝは渡瀬に候はず。今少し上へ廻り給へ。
ワキ「なに上を渡れと候ふや。
シテ「中々の事御廻りあれと申せばとて幾程もなく候。あれに見えたる澪じるしを。しるべに渡り給ふべし。
ワキ「不思議や昨日三吉野へ。参りし時は此渡瀬。さては渡瀬の今日かはり。上へ廻り候ふやらん。
シテ「中々のこと旅人よ。此川筋の昨日にかはりたるとの御不審は。名をまだ知しめさゞらん。
ワキ「いや此川は飛鳥川にては候はぬか。
ツレ「飛鳥川ぞと知しめして。昨日の淵は今日の瀨に。かはるとかねて知しめさぬは。御心なき仰せかな。
シテ「夜の間の雨に水増り。殊更今日は流洲の。渡瀬は定めなき物を。
ワキ「實に隠れなき名所や。さて〳〵此飛鳥川の。分きて淵瀬の定まらぬ。謂は如何なる事やらん。
シテ「いやそれは唯山川の。末の流れの石多く。淵瀬の常にかはる事。言ひならはせる心なり。
ツレ「されば歌にも。
シテ「世の中は。
地「何か常なる飛鳥川。昨日の淵は今日の瀬に。なるや夜の間の五月雨に。水層まさりて濁りたる。水の心も知らずして。左右なう渡り給ふなよ。
地クリ「それ春過ぎ夏たけて。秋もまた暮れぬべし。冬にならんも幾程ぞ。
シテサシ「五月雨に物思ひ居れば時鳥。夜深く鳴きていづち行くらんと。
地「よみし心も今さらに。身に白糸の夜となく。昼ともわかであだし世の。いつまでとてかながらへん。
シテ「思へばあはれ胡蝶の夢に。
地「遊ぶぞ今日の現なる。
クセ「御田屋守。今日は五月になりにけり。急げや早苗老いもこそすれ。實にや五月雨の。晴れぬ日数も旧り行くに。明日とな言ひそ飛鳥川の。水田の浅緑。立ち連れいざや植ゑうよ。そも〳〵幾許の。田を作ればか時鳥。四手の田長を朝な〳〵呼ぶと。詠ぜしもまことなり。死出の山田の時鳥。此土に来り声立てゝ。程時過ぐる世の中の。教へを知る故に。時の鳥とは申すなり。
シテ「五月山梢を高み時鳥。
地「鳴く音空なる恋やする。我も恋しき緑児の。行方も知らで足引の。山路に迷ひ里に出でゝ。国々浦々めぐる日の。積る三年の春過ぎて。夏もはや五月雨の。振分髪の玉かづら。斯かる業はいつか身に。馴衣袖ひぢて。いざ〳〵早苗取らうよ。〳〵。
シテ「おもしろや雁金寒み暮れし田を。
地「又時鳥早苗取る。五月の玉の波を散らすぞ。
シテ「手玉も由良の湊田の早苗。
地「さすや潮も交じる早苗は。
シテ「住吉の岸田。
地「入江にまかせしは。
シテ「難波田の伏水。
地「都辺に植ゑしは。
シテ「伏見田鳥羽田の。
地「是は都に近き手弱女の。袖吹きかへす飛鳥風。心も乱るゝ青柳の緑児。恋しやなつかしや。
ロンギ地「今までは。行方も知らぬ賤の女の。不思議や見れば母上か。友若こゝに来りたり。
シテ「我子ぞと。聞けば夢かと夕暮の。それかあらぬか夢ならば。覚めての後はいかならん。
地「よく〳〵見れば自が。尋ぬる母や。
シテ「友若に。
地「苧生の松原の。尽きぬ逢瀬や飛鳥川。深き契りの親と子に。ふたゝび逢ふぞうれしき。〳〵。

底本:国立国会図書館デジタルコレクション『謡曲評釈 第七輯』大和田建樹 著

このコンテンツは国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物により作成されています。
商用・非商用問わず、どなたでも自由にご利用いただけます。
当方へのご連絡も必要ありません。
コンテンツの取り扱いについては、国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物の利用規約に準じます。
詳しくは、国立国会図書館のホームページをご覧ください。
国立国会図書館ウェブサイトからのコンテンツの転載