冊子型のPDFファイルをダウンロードしていただけます。
プリントアウトの上、中央を山折りにし、端を綴じてご活用ください。

 

 

 

 

綾鼓

世阿弥作


ワキ 官人
シテ 御庭掃の翁


ワキ 前に同じ。
シテ 翁の亡霊
ツレ 女御

地は 筑前
季は 雑

ワキ詞「是は筑前の国木の丸の皇居に仕へ奉る臣下にて候。さても此所に桂の池とて名池の候ふに。常は御遊の御座候。こゝに御庭掃の老人の候ふが。女御の御姿を見参らせ。しづ心なき恋となりて候。此事を聞し召し及ばれ。恋には上下を分かぬ習ひなれば。不便に思し召さるゝ間。彼池の辺の桂木の枝に鼓を掛け。老人に打たせられ。彼鼓の声皇居に聞えば。其時女御の御姿ま見え給はんとの御事にて候ふ程に。彼老人を召して申し聞かせばやと存じ候。
ワキ詞「如何に老人。汝が恋の事を忝なくも聞し召し及ばれ。不便に思し召さるゝ間。桂の池の桂木の枝に掛け置かれたる鼓を。老人参りて打ち候へ。彼鼓の声皇居に聞えば。今一度女御の御姿をまみえさせ給はんとの御事なり。急ぎ参りて鼓を仕り候へ。
シテ詞「仰せ畏つて承り候。さらば参りて鼓を仕り候ふべし。
ワキ「此方へ来り候へ。此鼓の事にてあるぞ急いで仕り候へ。
シテ「実にや承り及ぶ月宮の月の桂こそ。名に立てる桂木なれ。是は正しき地辺の枝に。かゝる鼓の声出でば。それこそ恋の束ねなれと。夕べの鐘の声添へて。又打ち添ふる日並の数。
地次第「後の暮ぞと頼め置く。〳〵。時の鼓を打たうよ。
シテ一声「さなきだに闇の夜鶴の老の身に。
地「思ひを添ふるはかなさよ。
シテ「時の移るも白波の。
地「鼓は何とて鳴らざらん。
シテサシ「後の世の近くなるをば驚かで。老いに添へたる恋慕の秋。
地「露も涙もそぼちつゝ。心からなる花のしづくの。草の袂に色添へて。何を忍ぶの乱恋。
シテ「忘れんと思ふ心こそ。
地「忘れぬよりは思ひなれ。
クセ「然るに世の中は。人間万事塞翁が馬なれや。隙行く日数移るなる。年去り時は来れども。終に行くべき道芝の。露の命の限りをば。誰に問はましあぢきなや。などされば是程に。知らばさのみに迷ふらん。
シテ「驚けとてや東雲の。
地「眠りを覚ます時守の。打つや鼓の数しげく。音に立たば待つ人の。面影若しや御衣の綾の。鼓とは知らずして。老の衣手力添へて。打てども聞えぬは。若しも老耳の故やらんと。聞けども〳〵。池の波窓の雨。いづれも打つ音はすれども。音せぬ物は此鼓の。怪しの太鼓や。なにとて音は出でぬぞ。
ロンギ地「思ひや打ちも忘るゝと。綾の鼓の音も我も。出でぬを人や待つらん。
シテ「出でもせぬ。雨夜の月を待ちかぬる。心の闇を晴らすべき。時の鼓も鳴らばこそ。
地「時の鼓の移る日の。昨日今日とは思へども。
シテ「頼めし人は夢にだに。
地「見えぬ思ひに明暮の。
シテ「鼓も鳴らず。
地「人も見えず。こは何と鳴神も。思ふ中をば避けぬとこそ。聞きし物をなどされば。かほどに縁なかるらんと。身を恨み人をかこち。かくては何の為め。生けらん物を池水に。身を投げて失せにけり。憂き身を投げて失せにけり。(中入)
ワキ詞「如何に申し上げ候。彼老人鼓の鳴らぬ事を恨み。桂の池に身を投げ空しくなりて候。かやうの者の執心も余りに恐ろしう候へば。そと御出で有つて御覧ぜられ候へ。
女御「如何に人々聞くかさて。あの波の打つ音が。鼓の声に似たるは如何に。あらおもしろの鼓の声や。あら面白や。
ワキ「不思議やな女御の御姿。さも現なく見え給ふは。如何なる事にてあるやらん。
女御「現なきこそ理なれ。綾の鼓は鳴る物か。鳴らぬを打てといひし事は。我現なき始めなれと。
ワキ「夕波さわぐ池の面に。
女御「猶打ち添ふる。
ワキ「声ありて。
後ジテ「池水の藻屑となりし老の波。
地「又立ち帰る執心の恨み。
シテ「恨みとも嘆きとも。いへば中々おろかなる。
地「一念嗔恚の邪淫の恨み。晴まじや〳〵。心の雲水の。魔境の鬼と今ぞなる。
シテ「小山田の苗代水は絶えすとも。心の池の言ひは放さじとこそ思ひしに。などしもされば情なく。鳴らぬ鼓の声立てよとは。心を尽し果てよとや。心尽しの木の間の月の。
地「桂にかけたる綾の鼓。
シテ「鳴る物か〳〵打ちて見給へ。
地「打てや〳〵と攻鼓。よせ拍子とう〳〵。打ち給へ打ち給へとて。しもとを振り上げ責め奉れば。鼓は鳴らで悲しや〳〵と。叫びまします女御の御声。あらさて懲りやさてこりや。
地「冥途のぜつき阿防羅刹。冥途のぜつき阿防羅刹の。呵責もかくやらんと。身を責め骨を砕く。火車の責めといふとも。是にはまさらじ恐ろしや。さて何となるべき因果ぞや。
シテ「因果れきせんは目のあたり。
地「れきせんは目のあたり。知られたり白波の。池の辺の桂木に。掛けし鼓の時もわかず。打ち弱り心尽きて。池水に身を投げて。波の藻屑と沈みし身の。程もなく死霊となつて。女御に付き祟つて。しもとも波も打ちたゝく。池の氷の東頭は。風渡り雨落ちて。紅蓮大紅蓮となつて。身の毛もよだつ波の上に。鯉魚が躍る悪蛇となつて。まことは冥途の鬼といふとも。かくやと思ひ白波の。あら恨めしや恨めしや。あら恨めしや。恨めしの女御やとて。恋の淵にぞ入りにける。

底本:国立国会図書館デジタルコレクション『謡曲評釈 第七輯』大和田建樹 著

作者不詳とするのが一般的ですが、世阿弥作とする説もあり、底本では世阿弥作と記されています。

このコンテンツは国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物により作成されています。
商用・非商用問わず、どなたでも自由にご利用いただけます。
当方へのご連絡も必要ありません。
コンテンツの取り扱いについては、国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物の利用規約に準じます。
詳しくは、国立国会図書館のホームページをご覧ください。
国立国会図書館ウェブサイトからのコンテンツの転載