冊子型のPDFファイルをダウンロードしていただけます。
プリントアウトの上、中央を山折りにし、端を綴じてご活用ください。

 

 

 

 

花月

世阿弥作

ワキ 僧
狂言 清水門前の者
シテ 花月

地は 京都
季は 春

ワキ次第「風に任する浮雲の。〳〵。とまりはいづくなるらん。
詞「是は筑紫彦山の麓に住居する僧にて候。我俗にて候ひし時。子を一人もちて候ふを。七歳と申しゝ春の頃。いづくともなく失ひて候ふ程に。これを出離の縁と思ひ。かやうの姿と為りて諸国を修行仕り候。
道行「生れぬ先の身を知れば。〳〵。憐れむべき親もなし。親のなければ我ために。心を留むる子もなし。千里を行くも遠からず。野に臥し山にとまる身の。是ぞ誠の住家なる。〳〵。
詞「急ぎ候ふ程に。これはゝや花の都に着きて候。先づ承り及びたる清水に参り。花をも詠めばやと思ひ候。
狂言「定めて今日は清水へ御参りなき事はあるまじく候。御供申し彼人に見せ申し候ふべし。
シテ詞「抑是は花月と申す者なり。ある人我名を尋ねしに答へていはく。月は常住にして云ふに及ばず。さて花の字はと問へば。春は花夏は瓜。秋は菓冬は火。因果の果をば末期まで。一句の為めにのこすといへば。人これを聞いて。
地「さては末世のかうそなりとて。天下に隠れもなき。花月と我を申すなり。
狂言「何とて今までは遅く御出で候ふぞ。
シテ「さん候今まで雲居寺に候ひしが。花に心を引く弓の。春の遊びの友達と。中たがはじとて参りたり。
狂言「さらばいつもの如くに歌を謡ひて御遊び候へ。
シテ小歌「こしかたより。
地「今の世までも絶えせぬものは。恋といへる曲物。実に恋は曲物。曲物かな。身はさらさらさら。さら〳〵〳〵に。恋こそ寝られね。
狂言「あれ御覧候へ鶯が花を散らし候ふよ。
シテ詞「実に〳〵鶯が花を散らし候ふよ。某射て落し候はん。
狂言「急いであそばし候へ。
シテ「鶯の花踏み散らす細脛を。大長刀もあらばこそ。花月が身に敵のなければ。太刀刀は持たず。弓は的射んがため。又かゝる落花狼藉の小鳥をも。射て落さんが為めぞかし。異国の養由は。百歩に柳の葉を垂れ。桃に百矢を射るにはづさず。我は又花の梢の鶯を。射ておとさんと思ふ心は。その養由にも劣るまじ。あら面白や。
地「それは柳これは桜。それは雁金これは鶯。それは養由これは花月。名こそ替はるとも。弓に隔てはよもあらじ。いで物見せん鶯。いで物見せん鶯とて。履いたる足駄をふんぬいで。大口のそばを高く取り。狩衣の袖をうつ肩ぬいで。花の木陰にねらひ寄つて。よつぴきひやうと。射ばやと思へども。仏の戒め給ふ。殺生戒をば破るまじ。
狂言「言語道断面白き事を仰せられ候。また人の御所望にて候。当寺の謂を曲舞に作りて御謡ひ候ふ由を聞し召して候。一節御謡ひ候へとの御所望にて候。
シテ詞「やすき事謡うて聞かせ申さうずるにて候。
サシ「さればにや大慈大悲の春の花。
地「十悪の里に香しく。三十三身の秋の月。五濁の水に影清し。
クセ「抑此寺は。坂の上の田村丸。大同二年の春の頃。草創ありしこの方。今も音羽山。嶺の下枝の滴に。濁るともなき清水の。ながれを誰か汲まざらん。ある時此滝の水。五色に見えて落ちければ。それを怪しめ山に入り。その水上を尋ぬるに。こんじゆせんの岩の洞の。水の流れに埋もれて。名は青柳の朽木あり。其木より光りさし。異香四方に薫ずれば。
シテ「さては疑ふ処なく。
地「楊柳観音の。御所変にてましますかと。皆人手を合はせ。猶も其奇特を。知らせて給べと申せば。朽木の柳は緑をなし。桜にあらぬ老木まで。皆白妙に花咲きけり。さてこそ千手の誓ひには。枯れたる木にも花咲くと。今の世までも申すなり。
ワキ詞「あら不思議や。是なる花月をよく〳〵見候へば。某が俗にて失ひし子にて候ふは如何に。名のつて逢はゞやと思ひ候。如何に花月に申すべき事の候。
シテ「何事にて候ふぞ。
ワキ「御身は何くの人にて渡り候ふぞ。
シテ「是は筑紫の者にて候。
ワキ「さて何故かやうに諸国を御廻り候ふぞ。
シテ「我七つの年彦山に登り候ひしが。天狗に捕られてかやうに諸国を廻り候。
ワキ「さては疑ふ処もなし。是こそ父の左衛門よ見忘れてあるか。
狂言「なふ〳〵御僧は何事を仰せられ候ふぞ。
ワキ「さん候この花月は某が俗にて失ひし子にて候ふ程に。さてかやうに申し候。
狂言「実にと御申し候へば。瓜を二つに割つたるやうにて候。此上はいつものやうに八撥を御うち候ひて。打ちつれだつて故郷へ御帰り候へ。
シテ「さても我筑紫彦山に登り。七つの年天狗に。
地「とられて行きし山々を。思ひやるこそ悲しけれ。
地「とられて行きし山々を。思ひやるこそ悲しけれ。まづ筑紫には彦の山。深き思ひを四王寺。讃岐には松山。降り積む雪の白嶺。さて伯耆には大山。〳〵。丹後丹波の境なる。鬼が城と聞きしは。天狗よりも恐ろしや。さて京近き山々。〳〵。愛宕の山の太郎坊。比良の峰の次郎坊。名高き比叡の大嶽に。少し心の住みしこそ。月の横川の流れなれ。日頃はよそにのみ。見てや止みなんとながめしに。葛城や高間の山。山上大峰釈迦の嶽。富士の高嶺にあがりつゝ。雲に起き臥す時もあり。かやうに狂ひめぐりて。心みだるゝ此さゝら。さら〳〵〳〵〳〵と。磨つては謡ひ舞うては数へ。山々嶺々里々を。めぐり〳〵てあの僧に。逢ひ奉るうれしさよ。今より此さゝら。さつと捨てゝさ候はゞ。あれなる御僧に。連れまゐらせて仏道。連れまゐらせて仏道の。修行に。出づるぞうれしかりける。〳〵。

底本:国立国会図書館デジタルコレクション『謡曲評釈 第五輯』大和田建樹 著

このコンテンツは国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物により作成されています。
商用・非商用問わず、どなたでも自由にご利用いただけます。
当方へのご連絡も必要ありません。
コンテンツの取り扱いについては、国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物の利用規約に準じます。
詳しくは、国立国会図書館のホームページをご覧ください。
国立国会図書館ウェブサイトからのコンテンツの転載