冊子型のPDFファイルをダウンロードしていただけます。
プリントアウトの上、中央を山折りにし、端を綴じてご活用ください。

 

 

 

 

鐘引 一名 引鐘


ワキ 園城寺の僧
ヲカシ 能力
ワキヅレ 従僧
シテ 里人


ワキ 前に同じ。
シテ 龍神

地は 近江
季は 雑

ワキ詞「是は江州園城寺の住僧にて候。さても当寺の鐘余りにちひさく候ふほどに。今日集会をなし。鐘を大きに鋳させばやと存じ候。
ヲカシ「いかに申し上げ候。藤太秀郷の方より当寺へ御状の御座候。
ワキ「何と秀郷のかたより御状の有ると申すか。
ヲカシ「さん候。先々御状を御覧候へ。
ワキ「何々畏つて申し上げ候。さても秀郷はからざるに龍宮に頼まれ。変化の蜈蚣を平らげ候。其勲功に十種の贈物あり。中にも妙なるは一つの梵鐘なり。其こゑたへにして聞く人菩提に至るといへり。しからば此鐘を園城寺へ寄進申すべきなり。今夜かならず龍宮より来るべし。龍神に法味をなし給はゞ。あへて疑あるべからず。なんぼう不思議なる文にて候。
ワキツレ「是は秀郷の申されごとにて候へども。先づ鐘を持参申してこそ候へ。いまだ目に見えざる鐘をかやうに申され候ふ事。天晴秀郷の聊爾かと存じ候。
ワキ「いや〳〵秀郷と申すに。五常乱れぬ名将なり。かまへて疑有るべからず。八歳の龍女は釈尊に。
地「宝珠を捧げ忽に。〳〵。南方無垢の成等を。となへし例あり。実に有難やたのもしや。是につきてもいやましに。法の力を頼むなり。〳〵。
シテ一声「我嚝劫のむかしより。末法の今に至るまで。五衰かうかいの海にしづみ。海人の刈る藻にすむ虫の。我からぬらす袂かな。
ワキ詞「不思議やな是に出でたる者を見れば。姿は正しく人間なるが。五衰三熱の苦しみを。悲しむ声の聞ゆるぞや。いかなる者ぞ名を名のれ。
シテ詞「是は此浦にすむ龍神なるが。鐘を施入の其為めに。是まであらはれ出でたるなり。
ワキ「ふしぎやさては秀郷の。
シテ「偽らざりし。
ワキ「かねことの。
地「末とほりなば今の世の。〳〵。不思議なるべし。疑はで待たせ給へや。
クリ地「夫れ撞鐘といつぱ。十二因縁を表し。十二律の響あり。夜昼の刻限を告ぐる事。生死迷悟を示すとかや。
サシ「然るに此鐘は。祇園精舎の北面に掛けし鐘なり。
地「玄奘三蔵渡天の時。龍神法楽の其ために。流砂河に沈め給ひしを。守護して今に至るなり。去る程に此海の。龍神に敵をなす。鉄の蜈蚣ありしなり。ある時秀郷。勢田の橋を通りしに。大蛇となりて行きむかひ。頼む心の末とげて。神通の弓矢にて。忽に敵を亡ぼし。秀郷が其名は。末代に隠れよもあらじ。
シテ「其時龍神秀郷に。
地「数の宝を贈りしに。中にも妙なるは。此鐘の法の力による故。此寺に施入すべきなり。疑はせ給ふなと。夕べの風に声たてゝ。物さわがしき海づらに。行くかと見しが沖津浪に。立ち隠れ失せにけり。浪間にかくれ失せにけり。(中入)
ワキ詞「不思議やさては秀郷の。いつはらざりしかねことの。頼もしかりし言葉の末。其契約をたがへじと。法味をなして待ち居たり。待つ程はくるしき物かほとゝぎす。
地「一声いそげ暁の空の。風遠近の雲むらだちて。湖の浪も動揺せり。
地「志賀辛崎の海づらに。〳〵。立ちくる白波の。上にうかべる鐘を守護し。
後ジテ「遮竭羅龍王顕はれ出づれば。
地「無数の小龍無辺の悪龍。みなこと〴〵くうかび出でゝ。此鐘の綱手に取りつきすがりつき。引くとぞ見えしが。程なく寄りくるさゝ波や。三井寺の鐘楼に引き上げたり。まのあたりなる奇特かな。
シテ「遮竭羅龍王その時に。〳〵。かの撞鐘の声を出だして。衆生の冥闇を晴らさんとて。東方に廻りて鐘をつけば。
シテ「諸行無常の響を出だし。
地「さて又南方は。
シテ「是生滅法。
地「西方に向へば。
シテ「生滅々已。
地「北方に廻れば。
シテ「寂滅為楽と。
地「つけば其声心耳をすまし。聞く人則ち菩提に至り。仏法興隆。伽藍繁昌に守るべしと。諸龍一度に頭を傾け礼をなせば。夜もしら〳〵と明け行く空に。龍神は眷属を引きつれ〳〵。立ち帰る波の逆まく水に。浮き沈み。さかまく水に浮き沈んで。又龍宮にぞ入りにける。

底本:国立国会図書館デジタルコレクション『謡曲評釈 第二輯』大和田建樹 著

このコンテンツは国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物により作成されています。
商用・非商用問わず、どなたでも自由にご利用いただけます。
当方へのご連絡も必要ありません。
コンテンツの取り扱いについては、国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物の利用規約に準じます。
詳しくは、国立国会図書館のホームページをご覧ください。
国立国会図書館ウェブサイトからのコンテンツの転載