冊子型のPDFファイルをダウンロードしていただけます。
プリントアウトの上、中央を山折りにし、端を綴じてご活用ください。

 

 

 

 

咸陽宮

シテ 秦始皇
ワキ 荊軻
ワキヅレ 秦舞陽
ワキヅレ 大臣
狂言 官人
ツレ(后) 花陽夫人

地は 唐土
季は 雑

シテ「そも〳〵此咸陽宮と申すは。都のまはり一万八千三百余里。
地「内裏は地より三里高く。雲を凌ぎて築きあげて。鉄の築地方四十里。
シテ「又は高さも百余丈。雲路を渡る雁がねも。鴈門なくては過ぎがたし。
地「内に三十六宮あり。真珠の砂瑠璃の砂。黄金の砂を地には敷き。
シテ「長生不老の日月まで。甍を並べておびたゝし。
地「帝の御殿は阿房宮。銅の柱三十六丈。
シテ「東西九町。
地「南北五町。
シテ「五丈の旗矛。
地「りうしやの雲井。
シテ「さながら天に。
地「飄り。
歌「のぼれば玉の階の。〳〵。金銀を研きて輝けり。たゞ日月の影を踏み。蒼天をわたる心地して。おの〳〵肝を消すとかや。〳〵。
ワキ、ツレ一声「思ひ立つ。朝の雲の旅衣。落葉重なる嵐かな。
ワキ「山遠うしては雲行客の跡をうづみ。
ツレ「松高うしては風旅人の夢を破る。
ワキ「たとひ轅門は高くとも。
ツレ「思ひの末は。
ワキ「石に立つ。
二人歌「弥猛の心あらはれて。〳〵。遠山の雲に日を重ね。やう〳〵行けば名も高き。咸陽宮に着きにけり。〳〵。
ワキ詞「急ぎ候ふ程に。咸陽宮に着きて候。先づ奏問申さうずるにて候。如何に奏問申し候。燕の国の傍に。荊軻秦舞陽と申す両人の者。高札のおもてに任せ。燕の指図の箱。ならびに樊於期が頭を持ちて。是まで参内申して候。
狂言「シカ〳〵。
大臣「何と申すぞ。燕の国の民に。荊軻秦舞陽と申す両人の者。燕の指図の箱。ならびに樊於期がかうべを持ちて参内したると申すか。かゝるめでたき事こそなけれ。やがて奏聞申し候ふべし。如何に奏問申し候。燕の国の民に。荊軻秦舞陽と申す両人の者。燕の指図の箱。ならびに樊於期がかうべを持ちて只今参内申して候。
シテ「何と燕の国の傍に。荊軻秦舞陽と申す両人の者。指図の箱。ならびに樊於期がかうべを持ちて参内したると申すか。
大臣「さん候。
シテ「急いで参内させ候へ。
大臣「畏つて候。只今のよしを奏聞申してあれば。急いで参内させよとの宣旨にて有るぞ。さりながら御大法のごとく。太刀刀を汝あづかり候へ。
狂言「畏つて候。如何に方々ヘ申し候。急いで御参内あれとの御事にて候ふさりながら。御大法の事にて候ふ間。面々の太刀刀をあづかり申して参内させ申せとの御事にて候ふぞ。太刀刀を賜はり候へ。
ワキ「いかに秦舞陽。太刀刀を参らせよと承り候ふが。何と仕り候ふべき。
ツレ「御大法にて候はゞ唯まゐらせられ候へ。
ワキ「さらば参らせうずるにて候。
狂言「シカ〳〵。
ワキ「荊軻は佩剣を解いて威儀をなし。節会の儀式に従ひて。雲上遥に見わたせば。
ツレ「金銀珠玉の御階を踏み。三里が間をのぼりゆけば。
ワキ「薄氷を踏む心地して。荊軻は既にのぼれども。
ツレ「跡に立ちたる秦舞陽。身体わなゝき手を押して。のぼり兼ねてぞ休らひける。
ワキ「あゝ不覚なりとよ秦舞陽。燕のいやしき住居にならつて。玉殿を踏む恐ろしさに。臆してあがりかねけるか。
ツレ「それをなさのみ諌め給ひそ。其磧礫に習つて玉淵を窺はざるは。驪龍の蟠る所を知らず。
地「げに理とて典獄は。さしも厳しき禁中に。轅門を解いてゆるしけり。〳〵。
大臣「帝は之を聞しめし。臨時の節会を執り行ひ。燕使の参内を待ち給ふ。
ワキ「舞陽荊軻は大床の。胡床に参着申しけり。
ツレ「まづ秦舞陽すゝみ出でゝ。樊於期がかうべを皇帝の。上覧にそなへ立ちのけば。
大臣「帝は笑める御気色。御心も釈けて見え給ふ。
ワキ「其時荊軻すゝみよつて。燕の指図の箱の蓋を開き。上覧にそなへ立ちのけば。
シテ「不思議やな箱の底に剣の影。氷の如く見えければ。既に立ち去り給はんとす。
地「荊軻は期したる事なれば。御衣の袖にむんずとすがつて。剣を御胸にさしあて奉りけり。
后「あさましや聖人人にまみえずとは。今此時にて有りけるぞや。あらあさましの御事やな。
シテ詞「如何に荊軻。秦舞陽もたしかに聞け。我三千人の后を持つ。其中に花陽夫人とて琴の上手あり。されば毎日おこたる事なし。然れども今日は汝等が参内により。いまだ琴の音を聞かず。ことさら今は最期なれば。片時の暇をくれよ。彼琴の音を聞いて。黄泉の道をもまぬかれうずると思ふは如何に。
ワキ「いかに秦舞陽。さて何と有るべきぞ。
ツレ「是程まで手ごめ申すうへは。片時の御暇ならば参らせられ候ヘ。
ワキ「さらば片時の御暇をまゐらせうずるにて候。
シテ「如何に花陽夫人。急ぎ秘曲を奏し給へ。
后「さらば秘曲を奏すべし。本より妙なる琴の音に。飛ぶ鳥も地に落ち武士も。やはらぐ程の秘曲なれば。ましてや今はの玉の小琴。さこそは御手も尽されけめ。
地「花の春の琴曲は。花風楽に柳花苑。柳花苑の鶯は。おなじ曲の囀り。月の前のしらべは。夜寒をつぐる秋風。雲井に渡れる雁金。琴柱におつる声々も。涙の露の玉章。たまさかに。〳〵。人はよも白糸の。しらべを改めて。君きけや君きけや。七尺の屛風は。躍らば越えつべし。羅穀の袂をも。引かばなどか切れざらん。謀臣は有無に酔へり。群臣は聖人の御たすけと。押し返し〳〵。二三返の琴の音を。君は聞し召さるれども。荊軻は聞き知らで。唯緩々と侵されて。眠れるが如くなり。時うつる〳〵と。秘曲たび〳〵重なれば。
シテ「荊軻がひかへたる。
地「御衣の袖を引つ切つて。屛風を踊り越え。電光の激するよそほひ。霰の白玉盤に落ちて。欄干を走る心地して。銅の御柱に。立ち隠れさせ給ひしかば。
荊軻「荊軻は怒りをなして。
地「剣を帝に投げ奉れば。番の医師は。薬の袋を剣に合せて投げ留めければ。
シテ「帝又剣を抜いて。
地「帝又剣を抜いて。荊軻をも秦舞陽をも。八つ裂に裂き給ひ。忽に失ひおはしまし。其後燕丹太子をも。程なく亡ぼし。秦の御代万歳を保ち給ふ事。唯是れ后の琴の秘曲。有難かりけるためしかな。

底本:国立国会図書館デジタルコレクション『謡曲評釈 第三輯』大和田建樹 著

このコンテンツは国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物により作成されています。
商用・非商用問わず、どなたでも自由にご利用いただけます。
当方へのご連絡も必要ありません。
コンテンツの取り扱いについては、国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物の利用規約に準じます。
詳しくは、国立国会図書館のホームページをご覧ください。
国立国会図書館ウェブサイトからのコンテンツの転載