冊子型のPDFファイルをダウンロードしていただけます。
プリントアウトの上、中央を山折りにし、端を綴じてご活用ください。

 

 

 

 

切兼曽我

ワキ 梶原景季
トモ 景季従者
シテ 曽我祐信
ツレ(母) 兄弟の母
ワキヅレ(一同) 護送者および太刀取
子方 一万(十郎)
同 箱王(五郎)
ワキヅレ 早打

地は 相模
季は 雑

ワキ詞「是は鎌倉殿に仕へ申す。梶原源太景季にて候。さても曽我の太郎祐信は。我君御心安き者に思し召され候ふ所に。伊藤入道祐親が孫。一万箱王を養ひ置きたる由聞し召され。成人の後頼朝が敵ともなるべき者をと希代の事に思し召し。某に召し連れて参れとの御諚を蒙り。唯今曽我へと急ぎ候。如何に誰かある。
トモ詞「御前に候。
ワキ「急ぎ案内を乞ひ候へ。
トモ「畏つて候。
トモ詞「如何に此内へ案内申し候。
ツレ詞「誰にて渡り候ふぞ。
トモ「梶原源太景季の参られて候。此由御申しあつて賜はり候へ。
ツレ「心得申して候。如何に申し上げ候。梶原源太景季殿の御出でにて候。
シテ詞「此方へと申し候へ。
ツレ「畏つて候。其由申して候へば。此方へ御出であれとの御事にて候。
ワキ「心得てある。
シテ詞「思ひよらざる御出で珍しうこそ存じ候へ。先づかう〳〵御通り候へ。さて唯今は何の為めの御出でにて候ふぞ。
ワキ詞「何と申すべきやらん。御為めゆゝしからぬ御使に参りて候ふ其故は。故伊藤殿の孫養育の由聞し召され。末の敵なれば急ぎ供して参るべしとの。御使を蒙り参りて候。
シテ「仰せ畏つて承り候ふさりながら。妻子に縁なき者。祐信に過ぎたるはよもあらじ。玉くじけ蘭枯れ。衰朽の夢を見しよりも。せめては憂きをも慰む便りぞと思ひ。兄弟を五つや三つの時よりも。母もろともに迎へ取り。実子の如くそだてつゝ。事かりそめとはいひながら。はや十一と九つ。年頃よりは健気にも見え候へば。折を得て君へも申し上げ。御家人の数にも交じへ。父の名跡をも継がせばやとこそ。兼ねては存じ候ひし。此頃斯かる仰せを蒙るべしとは。思ひもよらず候ふと。
地「涙を抑へ悲しめば。母は余りの心にや。唯茫然とあきれけり。実にや生きとし生ける物。子を悲しまぬ者やある。梁の燕野の雉。子故に身を忘れ。哀猿腹わたを断つ悲しみ。いま目の前にあはれなり。
シテ「よしや思へば何事も。
地「報いの罪の今さらに。誰をかさして恨むべき。親子の契り麻衣。袖に余れる涙の。身も絶えなんと父母は。歎きに沈むばかりなり。〳〵。
ロンギ地「実に理と思へども。今は時刻も移るなり。はや〳〵出だし給へかし。
母「母は余りの悲しさに。日頃頼みし観世音。誓ひの船の梶原よ。君に宜しく申し上げ。兄弟を助けたび給へ。
ワキ「さすがに我も親心。思ひやらるゝ袖の露。おさへかねたるばかりなり。
シテ「祖父伊東が悪逆を。思し召し給ふとも。いまだ幼き者なれば。など御許しなかるべき。
ワキ「実に道理なり梶原が。何とぞ申し兄弟の。
地「命ばかりは助けんと。さも頼もしき言の葉の。露の情を便りにて。泣きてとゞまるあはれさよ。〳〵。
一同一声「若草の。上もたわゝに置く露の。消えを争ふけしきかな。
地「道芝の。露も涙も分けかぬる。〳〵。羊の歩み隙の駒。蘆辺の田鶴も音を添へて。あはれもよほす波の音。由比の汀に着きにけり。〳〵。
ワキ詞「如何に祐信に申し候。某身に替へてもと存じ。色々言葉を尽し候へども。君御憤り深く。殊に工藤祐経の申し条有るにより。誅し申せとの御諚にて候。今は思ひ切られ候へ。
シテ詞「曽我を出でしより斯くあるべきとは存じ候へども。余りに母にて候ふ者の嘆き候ふ程に。梶原殿を頼み申してこそ候へ。此上は是非なき事。某も思ひ定めて候。いかに兄弟急ぎ敷革に直り候へ。如何に申し候。とてもの御芳志に某が手に懸けて。せめての供養に仕りたく候。
ワキ「いかやうとも御心に任せ候へ。如何に太刀取祐信へ太刀を参らせ候へ。
太刀取「畏つて候。
シテ詞「如何に兄弟。とても遁れぬ道芝の。露の命を惜しまずして。最期を清くたしなみ候へ。
一万詞「愚かの父の仰せやな。死せん命は露程も。何かは惜しみ申すべきさりながら。年頃の御恩をも。いさゝか報ずる事もなく。空しく三途に帰らん事。まことに無念に候。
箱王詞「なふ兄上。我等兄弟が最期の体を見物とて。さしもの由比の浜までも。処せきまで見えて候。潔く父の御手にかゝり。黄泉路とやらんにとく参らうずるにて候。
シテ「あな申したり申したり。それ栴檀は二葉より芳ばしとは御事等が事にて候。成人の後さぞと思へば。目も暗れ心乱れつゝ。
地「何くをそことわきまへず。唯くれ〳〵とあきれしが。時刻移してかなはじと。太刀取り直し立ちけれど。足弱車よわ〳〵と。力も尽きてかなはねば。太刀投げ捨てゝ伏しまろび。害してたべと叫べども。太刀取も切り兼ねて。唯さめ〴〵と泣き居たり。
早打詞「なふ〳〵暫く御静まり候へ。御ゆるしの状を賜はり。畠山殿の御使に参りて候。是々御覧候へ。
ワキ詞「あらめでたの御事や。急ぎ拝見申さうずるにて候。何々一万箱王が事諸国の大名小名。殊には重忠さへぎり申さるゝによつて。二人の命を助け。重忠に預け置く所なり。かゝるめでたき事こそ候はね。
シテ詞「誠に御厚恩いつ忘るべきとも存ぜず候。
ワキ「実に尤道理なり。さらばめでたき折柄に。和歌を詠じて酒宴をなし。急いで舞をまひ候へ。
シテ「万代の。松にぞ君を祝ひつる。
地「千代の陰添ふ若緑。(男舞)
地「愁ひの眉も忽ちに〳〵。開くる花の盃取り〴〵に。慶賀の礼儀互にのべて。是までなりと暇申し。兄弟引き連れ父諸共に。帰る心を。何にたとへん唐衣。着つゝ馴れにし故郷に。帰る事こそうれしけれ。

底本:国立国会図書館デジタルコレクション『謡曲評釈 第七輯』大和田建樹 著

このコンテンツは国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物により作成されています。
商用・非商用問わず、どなたでも自由にご利用いただけます。
当方へのご連絡も必要ありません。
コンテンツの取り扱いについては、国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物の利用規約に準じます。
詳しくは、国立国会図書館のホームページをご覧ください。
国立国会図書館ウェブサイトからのコンテンツの転載