冊子型のPDFファイルをダウンロードしていただけます。
プリントアウトの上、中央を山折りにし、端を綴じてご活用ください。

 

 

 

 

金札

世阿弥作


ワキ 勅使
シテ 老人


シテ 天太玉命

地は 山城
季は 雑

ワキ次第「風も静に楢の葉の。〳〵。鳴らさぬ枝ぞ長閑けき。
詞「抑是は桓武天皇に仕へ奉る臣下なり。さても山城の国愛宕の郡に。平の都を立て置き給ひ。国土安全のみぎんなり。同じく当国伏見の里に。大宮造有るべきとの勅諚を蒙り。唯今伏見に下向仕り候。
サシ「夫久堅の神代より。天地開けし国の起り。天の瓊矛の直なるや。名も二柱の神こゝに。八洲の国を作り置き。皇代なれや大君の。御影長閑けき時とかや。
歌「青丹吉。楢の葉守の神心。〳〵。末暗からぬ都路の。直なるべきか菅原や。伏見の里の宮造。大内山の陰高き。雲の上なる玉殿の。月も光りや磨くらん。〳〵。
シテサシ「あら貴の御造りや。聞くも名高き雲の垣。霞の軒も玉簾。かゝる時代に逢ふ事よと。命うれしき長生の。あつぱれ老の思出や。
ワキ詞「不思議やな参詣の人々多き中に。けしたる宜禰御幸の先に進むぞや。そも御身は何くより参詣の人ぞ。
シテ詞「是は伊勢の国あこねの浦に住む者なるが。当社伏見の大宮造。天も納受し地もうるほふ。王法を尊び来りたり。
ワキ「そも王法を尊ぶとは。如何なる望みのあるやらん。
シテ「そもかゝる身の望みとは。そら恐ろしや此年まで。命すなほに愁もなく。上直なれば下までも。豊に治まる此国の。
地「千代をこめたる竹の杖。伏見は是か宮所。参りて拝むこそ。朝恩を知れる心なれ。春は花山の木を伐れば。〳〵。袂にかゝる白雪。深き井桁を切るなるは。欄井の釣瓶縄。又泰山の山下水。其巌石を切石。
ロンギ地「車を作る椎の木。
シテ「船を作する揚柳。
地「木の間になさん槻の木。
シテ「それは秋立つ桐の木。
地「君に齢をゆづり葉や。
シテ「千年の松は伐るまじ。
地「名は春の木の枝ながら。花はなど榊葉。これは神の宿木。恐れあり伐るまじ。
シテ詞「あら不思議や。天より金札の降り下りて候。すなはち金色の文字すわれり読み上げ給へ。
ワキ詞「実に〳〵天より金札の降り下りて候ふぞや。取り上げ読みて見れば何々。そも〳〵我国は。真如法身の玉垣の。内に住めるや御裳濯川の。流れ絶えせず守らん為めに。伏見に住まんと誓ひをなす。
シテ「さて此伏見とは。何とか知し召されて候ふぞ。
ワキ「事も愚や伏見の宮居。此御社の事なるべし。
シテ「あら愚や伏見とは。総じて日本の名なり。伊奘諾伊奘冊の尊。天の磐座の苔莚に。臥して見出だしたりし国なれば。伏見とは此秋津洲の名なるべし。
地「人知らぬ事なり。此国も伏見里の名も。伏し見る夢とも現とも。分かぬ光りの内よりも。金の札をおつ取つて。かき消すやうに失せけるが。しばし虚空に声ありて。
シテ「是は伊勢大神宮の御つかはしめ。天津太玉の神なり。猶しも我を拝まんと思はゞ。重ねて宮居を作り崇むべしと。
地「迦陵頻伽の声ばかり。虚空に残り雲と為り。雨と為るや雷の。光りの内に入りにけり。〳〵。(中入)
地「楽に引かれて古鳥蘇の。舞の袖こそゆるぐなれ。
後ジテ「守るべし。我国なれば皇の。万代いつと限らまし。
地「限らじな限らじな。栄ゆく御代を守りのしるし。
シテ「たゞ重くせよ神と君。
地「重くすべしや重くすべしや。扉も金の御札の神体。光りもあらたに見え給ふ。
地「四海を治めし御姿。〳〵。
シテ「あらたに見よや君守る。
地「八百万代のしるしなれや。
シテ「悪魔降伏の真如の槻弓。
地「さて又次にはさばへなす。
シテ「荒ぶる神も祓へのひもろぎ。
地「其神託は数々に。左も右も神力の。悪魔を射払ひ清めを為すも。金胎両部の形なり。
シテ「とても治まる国なれば。
地「とても治まる国なれば。中々なれや君は船。臣は瑞穂の。国も豊に治まる代なれば。東夷西戎。南蛮北狄の恐れなければ。弓をはづし剣を収め。君もすなほに民を守りの。御札は宮に納まり給へば。影さしおろす玉簾。影さしおろす玉簾の。ゆるがぬ御代とぞなりにける。

底本:国立国会図書館デジタルコレクション『謡曲評釈 第七輯』大和田建樹 著

このコンテンツは国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物により作成されています。
商用・非商用問わず、どなたでも自由にご利用いただけます。
当方へのご連絡も必要ありません。
コンテンツの取り扱いについては、国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物の利用規約に準じます。
詳しくは、国立国会図書館のホームページをご覧ください。
国立国会図書館ウェブサイトからのコンテンツの転載