冊子型のPDFファイルをダウンロードしていただけます。
プリントアウトの上、中央を山折りにし、端を綴じてご活用ください。

 

 

 

 

絃上

金剛弥五郎作


ワキ 師長従者
ツレ 藤原師長
シテ 海士の翁
ツレ 海士の嫗


シテ 村上天皇
ツレ 龍神

地は 摂津
季は 秋

ワキ次第「八重の汐路を行く舟の。〳〵。唐は何くなるらん。
師長詞「そも〳〵是は太政大臣師長とは我事なり。
ワキ詞「さても此君と申すは。天下に隠れなき琵琶の御上手にて御座候ふが。入唐の御望みましますにより。此度思し召し立ち道すがら名所の月をも御覧ぜん為めに。只今津の国須磨の浦に御下向にて候。
師長サシ「我はさていつの夕べを都の空。まだ夜深きに旅立ちて。末に見えたる山崎も。過ぐれば跡に早なりて。
ワキ歌「波越す袖の湊川。〳〵。まだ知らぬ。方にも我は生田の。漏りくる月は木の間にて。心尽しの旅の道。されども是は唐の。門出と思へば勇みある。高麗の林をよそに見て。須磨の浦にも着きにけり。〳〵。
詞「御急ぎ候ふ程に。是は早津の国須磨の浦に御着きにて候。暫く此所に御休みあり。事の由をも御尋ねあらうずるにて候。
シテ、ツレ一声「持ちかぬる。汐汲む桶の苦しきに。又力づく老の杖。
ツレ「拙なき業を須磨の浦。
二人「詠めに憂きや忘るらん。
シテサシ「面白や浦に入日は海上に浮び。須磨や明石の浦の様。
二人「塩焼く海士の心にも。さも面白う候ふなり。
ツレ「南を遥かに詠むれば。雲に続ける紀の路の小島。
シテ詞「由良の戸渡る早舟も。汐追風の吹上や。
ツレ「遠浦ながら住吉の。松こそ見ゆれ海越しに。
シテ「富島の磯屋昆陽難波。
ツレ「名には絵島と云ひながら。
シテ「いかで筆にも及ぶべき。
二人「あら面白の浦の気色や。
下歌地「実にや面白き。海士の磯屋とや淡路潟。あは沖舟の漕ぎくるは。雨ごさめれ今一かへりも。汐汲めや人々。
上歌「そよや陸奧の。〳〵。千賀の塩竈は。名のみにて遠ければ。如何が運ばん伊勢島や。阿漕が浦の汐をば。度重ねても汲み難し。田子の浦の汐をば。いざおりたゝんわくらはに。問ふ人あらばわぶと答へて。此須磨の浦の汐汲まん。〳〵。
シテ詞「塩屋に帰り休まうずるにて候。
ワキ詞「塩屋の主の帰りて候。御宿を借らばやと存じ候。如何に是なるは塩屋の主にてあるか。
シテ「さん候塩屋の主にて候。
ワキ「是に御座候ふは太政大臣師長公と申して。天下に隠れましまさぬ琵琶の御上手にて候ふが。入唐の御望みにて此浦に御下向にて候。一夜の御宿を参らせ候へ。
シテ「いや左様の人にて御座候はゞ。異浦にて御宿をめされ候へ。
ワキ「あら何ともなや。難波渡りにてこそ異浦なんどゝは申すべけれ。是は須磨の浦にてはなきか。たゞ御宿を参らせ候へ。
シテ「見苦しく候へども。さらば御宿を参らせ候ふべし。
ツレ「されば一年雨の祈の御時。神泉苑にして。琵琶の秘曲を遊ばされしかば。
シテ詞「龍神もめでけるにや。さしもの晴天にはかに曇り。大雨降る事終日。それよりして此君を。雨の大臣とは申すとかや。
ツレ「か程やごとなき此君に。一夜の御宿を参らせて。
シテ「秘曲をも聴聞申すならば。
二人「ためしなき思出。
下歌地「彼蝉丸は逢坂や。藁屋にて琵琶を弾き給ふ。今此君は須磨の塩屋。露も溜らん軒の板間。逢ひ難き砌に。逢ふぞ嬉しかりける。
上歌「里離れ。須磨の家居の習ひとて。〳〵。何事を松の柱や。竹あめる垣は一重にて。風も溜らじ痛はしや。海は少し遠けれども。波たゞこゝもとに聞えきて。いつの間に。夢をも御覧候ふべき。よし〳〵それも御琵琶を。寐られぬまゝに遊ばせや。我等も聴聞申すべし。我も聴聞申さん。
ワキ詞「如何に申し上げ候。夜もすがら御琵琶を遊ばされ候へ。
師長「此須磨の巻の春かとよ。源氏此浦に遷され給ひ。初めて世の味ひの辛きを知るといへども。まだ汐じまぬ旅衣。泣くばかりなる涙の露の。玉の小琴を弾き鳴らし。恋ひわびて泣く音にまがふ浦波は。思ふ方より風や吹くらん。
地「それは浦波の。音通ふらし琴の音の。〳〵。是は弾く琵琶の。折からなれや村雨の。古屋の軒の板庇。目ざます程の夜雨や。管絃の障りなるらん。
シテ詞「や。何とて御琵琶をば遊ばし止められて候ふぞ。
ワキ詞「さん候村雨の降り候ふ程に。さて遊ばし止められて候。
シテ「実に村雨の降り候ふぞや。如何に姥。苫取り出だし候へ。
ツレ「それは何の為めにて候ふやらん。
シテ「苫にて板屋を葺き渡し。靜かに聴聞申さんと。
二人「祖父と姥は諸共に。
ツレ「苫取出だし。
シテ「さつと葺き。
地「塩竈の名の。近々と寄り居つゝ。耳を峙て聞き居たり。
ワキ詞「如何に主。かほど漏らざる板屋の上を。何しに苫にて葺きて有るぞ。
シテ「さん候唯今遊ばされ候ふ琵琶の御調子は黄鐘。板屋を敲く雨の音は盤渉にて候ふ程に。苫にて板屋を葺き隠し。今こそ一調子になりて候へ。
ロンギ地「さればこそ始めより。唯人ならず思ひしに。心にくしや琵琶琴を。いかでか弾かで有るべき。
二人「所から江の辺り。岩越す波の弾きやせん。琵琶琴の。思ひもよらぬ御諚なり。
地「思ひよらずも琴の音の。押して御琵琶を給はりて。
シテ「祖父は琵琶を調ぶれば。
ツレ「姥は琴柱を立て並べて。
地「撥音爪音。ばらりからりからりばらりと。感涙もこぼれ。嬰児も躍るばかりなりや。弾いたり〳〵面白や。
師長「師長思ふやう。
地「師長思ふやう。我日の本にて。琵琶の奥儀を極めつゝ。大国を窺はんと。思ひし事のあさましさよや。まのあたり。かゝる堪能有りける事よ。所詮渡唐を止まらんと。忍びて塩屋を出で給へば。それをも知らで琵琶琴の。心一つの嗜みにて。越天楽の唱歌の声。梅が枝にこそ鶯は巣をくへ。風吹かば如何にせん。花に宿る鶯。宿人の帰るをも。知らで弾いたり琵琶琴。
ツレ詞「なふ旅人の御立ち候。
シテ詞「何旅人の御立ち候ふとや。何とて留め申さぬぞと。
二人「祖父と姥は走りより。
地「琵琶琴よりも御袖を。唯引けや〳〵横雲の。夜はまだ深し浦の名の。明かして御立ち候へ。
師長「何しに留め給ふらん。先づ此度は帰洛して。重ねて尋ね申すべし。御名を名乗り給へや。
二人「今は何をか包むべき。我絃上の主たりし。村上の天皇。梨壺の女御夫婦なり。
地「御身の入唐とゞめん為め。夢中にまみえ須磨の浦。故院の昔の夢の告。思ひ出でよ人々とて。かき消すやうに失せ給ふ。〳〵。(中入)
後ジテ「そも〳〵是は。延喜聖代の御譲り。村上の天皇とは我事なり。其聖代の御宇かとよ。唐より三面の琵琶を渡さるゝ。絃上青山獅子丸これなり。さる程に獅子は龍宮へ取られしを。いで召し出だし弾かせんと。漫々たる海上に向ひ。如何に下界の龍神たしかに聞け。獅子丸持参つかまつれ。
地「獅子丸浮ぶと見えしかば。〳〵。八大龍馬を引き連れ引き連れ。彼御琵琶を授け給へば。師長給はり弾きならし。八大龍王も絃管の役々。或は波の鼓を打てば。或は琵琶の名にしおふ。獅子団乱旋に村上の天皇も。奏で給ふ。面白かりける秘曲かな。(早舞)
シテ「獅子には文珠や召さるらん。
地「獅子には文珠や召さるらん。帝は飛行の車に乗じ。八大龍馬に引かれ給へば。師長も飛馬に鞭を打ち。馬上に琵琶を携へて。〳〵。須磨の帰洛ぞ有難き。

底本:国立国会図書館デジタルコレクション『謡曲評釈 第六輯』大和田建樹 著

このコンテンツは国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物により作成されています。
商用・非商用問わず、どなたでも自由にご利用いただけます。
当方へのご連絡も必要ありません。
コンテンツの取り扱いについては、国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物の利用規約に準じます。
詳しくは、国立国会図書館のホームページをご覧ください。
国立国会図書館ウェブサイトからのコンテンツの転載