冊子型のPDFファイルをダウンロードしていただけます。
プリントアウトの上、中央を山折りにし、端を綴じてご活用ください。

 

 

 

 



ワキ 東国の僧
シテ 里女


ワキ 前に同じ。
シテ 空蝉
ツレ 軒端荻

地は 京都
季は 夏

次第「雲井の都はる〴〵と。〳〵。鄙の長路を急がん。
ワキ詞「是は東国がたより出でたる僧にて候。我未だ都を見ず候ふ程に。此度思ひ立ち都に上り候。
道行「東路の。道の奥なる国出でゝ。〳〵。影もうらゝに出づる日の。雲井は行方はる〴〵の。海山過ぎて近江路や。関の名なりし白川や。都に早く着きにけり。〳〵。
詞「是は早都に着きて候。こゝをば三条京極中河の旧跡とやらん申し候。ふる事の思ひ出でられて候。親にて候ふ者常は源氏物語を口ずさみ候ひし。亡父の情も今更に。物あはれなる折からかな。空蝉の身をかへてげる木のもとに。猶人がらのなつかしきかな。かやうに詠ぜしも此所にての事なるべし。あらあはれなる古跡やな。
シテ詞「なふ〳〵お宿参らせ候はん。柴の庵のいぶせくとも。むかし忍ぶの乱れなれば。軒もふりたる扃の内。弔ふ人もなき跡を。又おどろかす空蝉の。言の葉草の庵のうちに。思ひ余れる心かな。
ワキ詞「いや是はたゞ何となく。源氏物語を口ずさみ候ふ処に。かやうに問はせ給ふ御身はさて。いかなる人にてましますぞ。
シテ「いや何となくとはの給へども。こゝは処もふりにし跡の。其中河のやどりなれば。我も昔のあとなつかしく。思へば慕ひ出でたるなり。
ワキ「聞くにつけてもなまめきて。よしある人は黄昏に。空目なりしは夕顔の。宿こそかはれ。
シテ「へだてなき。
地「えにしある。道は妹脊の中河の。逢瀬を知ればうたかたの。あはれ其夜の方たがへ。今はいづくにかはるらん。実にや尋ね行く。幻もがなつてにても。魂の有りかはなつかしや。〳〵。
シテ詞「いかに申すべき事の候。今宵は此宿に碁を打ちて。旅の心を慰めまゐらせ候ふべし。
ワキ詞「実に〳〵此所にて。空蝉の碁の勝負の有りし由聞き及びし事なれども。今宵は誰とか打ち給ふべき。
シテ「あら何ともなや。さて其時の片つかたをば。誰とか知しめされて候ふぞ。
ワキ「いで其あらそひは。軒端の荻とやらん。
シテ「さればこそ時しもあれ。折からなれや秋風の。ほに出ですぐる夕まぐれ。露も嵐も下にのみ。
地「忍べども。軒端の荻の穂に出でゝ。〳〵。姿まみえん我もまた。今は何をかつゝむべき。その空蝉の羽衣の。しほじみてさめ〴〵と。泣くと思へば失せにけり。〳〵。(中入)
ワキ歌「朽ち残る。木の下臥しに旅寝して。〳〵。聞けば声する空蝉の。跡とふ法の様々に。弔ふ縁は有難や。〳〵。
シテ、ツレ二人「ほのかなる軒端の荻の夕あらし。事とふ秋の夕べかな。
ツレ「消えにし露のかごとをば。何とか聞ける心ぞや。
ワキ「不思議やなさもなまめける女性二人。あらはれ給ふは如何なる人ぞ。
シテ詞「うたてと忘れ給へるや。宿まゐらせしゆふべの人は。我こそゝれよ空蝉の。
ツレ「名残ほどなき軒端の荻の。ほのみし人はうらめしや。
シテ「よしや恨みも中河の。思ひぞ出づる月の夜に。碁打ちて恨みを晴らすべし。
ツレ「げに〳〵御僧の御前にて。懺悔の姿を。
シテ「あらはさば。
地「終にはあらじ生死の。海なれや数々の。浜の真砂の石だて。あらそふも心つよからずや。女の碁の勝負。うつゝなの風情や。
クリ地「それ碁は定恵の二手を見せ。打つ音に阿吽のひゞきあり。されば目の前に。生死の命期をあらはしては。則ち涅槃のかたちを見す。
シテサシ「石の白黒は夜昼の色。
地「星目は九曜たり。目を三百六十目に割る事は。是れ一年の日の数なり。碁は敵手にあうて手だてを隠さず。わづかに両三目に。従来十九の道有り。ある時は四面をかこまれ一生をもとめ。ある時は敵を攻めいと攻められ。恋しき時はうば玉の。夜の衣をかへしても。寐ばまやすらん波枕。浮木の亀のおのづから。一目劫なりと。立てゞいかゞ有るべき。されば生死の。二つの河を渡りての。中に白道をあらはし。黒石はよしなや。今打つ五障三従の。女の身には遁れえぬ。業ふかき石だて。心していざや打たうよ。
ロンギ地「源氏の巻や絵合の。勝負は知らねども。名を聞くも竹川の。ふし有る名を桐壺。
シテ「箒木の巻の碁の勝負。打ちしめりたる雨の夜に。手品をいざや定めん。
上地「夕顔の宿に碁を打てば。たそかれ時もはや過ぎぬ。そらめせし半蔀を。おろすや中手なるらん。
シテ「絶ゆまじき。筋を尋ねし玉かづら。止長にいざや掛けうよ。
地「石は白。名は髭黒の大将の。
シテ「真木柱名をぞ立つ。した煙胸くゆる。火取の灰を打ちかけられ。ねたやな恋の二道。梅が枝紅梅巻々の。匂ふもかをるも分きかぬる。身を宇治山の霜雪の。茂木の下根春さむみ。萌え出で兼ぬる早蕨の。手を見せぬことぞ悲しき。急いで碁を打たうよ。春一手二手。見ていざや目算せむ。四手五手六目ぶしとか。七うち八うち九うち。十市の里の碁の勝負。砧によせて打たうよ。
シテ「砧は千声万声碁は。
地「百度千度万手。空蝉は負けたり。軒端の荻の秋来ぬと。かつ穂に出づる蘆分舟。押すこそ恨なりけれ。
シテ「おさでは叶ふまじき此碁。乱れ心は悲しやな。かくて夜も更け人しづまれば。人影そひて燈の。
地「光る君とて忍寐の。みなしかりける契りかな。
シテ「恨めしと思ひて。
地「世の聞えも空蝉の。もぬけとなりて這ひ出づれば。衣は跡に身は木がくれてかたはらに泣く〳〵。忍びねもよしなやな。せめて恨の中の衣を。抱き帰りて身に触るれば。今ぞ思ひの小夜衣。そのうつり香もなつかしく。何なか〳〵の思ひ出は。
地「空蝉の。
シテ「うつせみの。羽にこそかはれ軒端の荻。
地「露のかごとは。
シテ「恨めしや。たゞ〳〵恋し悲しと。見し事も。夢の浮橋とだえして。現に返す薄衣。身を空蝉も軒端の荻も。かれ〴〵に成り行く。跡こそあはれなりけれ。

底本:国立国会図書館デジタルコレクション『謡曲評釈 第六輯』大和田建樹 著

このコンテンツは国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物により作成されています。
商用・非商用問わず、どなたでも自由にご利用いただけます。
当方へのご連絡も必要ありません。
コンテンツの取り扱いについては、国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物の利用規約に準じます。
詳しくは、国立国会図書館のホームページをご覧ください。
国立国会図書館ウェブサイトからのコンテンツの転載