冊子型のPDFファイルをダウンロードしていただけます。
プリントアウトの上、中央を山折りにし、端を綴じてご活用ください。

 

 

 

 

佐々木

ツレ 源頼朝
シテ 佐々木高綱
ツレ 梶原景季
トモ 景季従者

地は 前は鎌倉 後は駿河
季は 雑

頼朝詞「いかに佐々木。木曽が狼藉鎮めんため。皆西国にさし遣はしてあるに。何とて高綱は後れて有るぞ。
シテ詞「仰せ畏つて承り候。唯今出仕申す事余の儀にあらず。あの一のつほう立つたる生食の所望にて出仕して候。
頼朝「生食が事は昨日梶原来り。源太を乗すべき馬なければとて。頻りに乞ひ候ひつれども。梶原にさへ出ださぬ馬なれば。まして高綱には思ひもよらぬ事にて有るぞ。
シテ「さては梶原にさへ下されぬ御馬なれば。まして高綱には下さるまじきとや。いで梶原には諸事の別当を仰せ付けられ。かほどの分限の者さへ御馬を申す。まして身不肖の高綱が御馬申したらんは。やは僻事にては候。今更かゝる奉公だて。畏れ多く候へども。さても我君流人の御身とならせ給ひ。伊豆の国蛭が小島に御座ありし時。某も十四の年より御配所の御供申し。又其後石橋山の合戦に。院宣を御忘れ給ひしを。某一人かけもどり。大勢に割つて入り。院宣を給はつて。二度君の御用に立て申し。やは御意のよき梶原。かほどの奉公をば申し候。他の非を申せば身のあやまり。御馬のほしきは余の儀にあらず。江州は佐々木が故郷なれば。定めて宇治勢田の案内者仰せ付けらるべし。さあらん時は疲馬に乗り。底の水屑とならんも口惜しく。又ふる傍輩の申さんは。いかなる御馬なればとて。一命を参らせ置き侍る。一疋を惜しみ給ふと申さんは。かつうは君の御難にもなるべし。あつぱれ御門出にて候はずは。御前にて腹十文字に搔き切り。某はあの宇治瀬田よりも猶恐ろしき。死出三途の大河をも。などかは渡し申さゞらんと。
地「無念の余りに覚えず落ちる。涙を抑へて御前を立つ。恥かしの後姿や。と思ひながらも又出でゝ。一度君に見えばやと。
シテ「ひそかに口説くと思へども。思ひ余りて言ふ声の。
頼朝「いかに佐々木。
シテ「御前に候。
頼朝「源太に逢ひては心得よ。はや〳〵生食取らするぞ。
地「御諚の下に高綱は。彼生食を牽かせつゝ。勇む心は有りながら。かくて恨みを春駒の。勇みをなして上りけり。〳〵。(中入)
源太一声「さても源太は磨墨を牽かせ。小高き処に駒駆け上げ。前後を遥に見渡せども。磨墨にます馬無ければ。心も空に浮島が原。名をも揚ぐべき富士おろし。
シテ「高綱も生食を牽かせて。さも静々と登路の。
地「足柄箱根明けぬに早越え。海山二つ夜を日に。駿河の浮島が原に。先立つ勢にぞ追ひ付きたる。
源太「いかに誰かある。
トモ「御前に候。
源太「唯今の声は正しく生食が嘶声なり。いかやうの者の賜はりたるぞ尋ねて来り候へ。
トモ「畏つて候。いかに申し候。唯今のいばひ声は生食がいばひ声にてあるが。いかやうの人の賜はりにて候ふぞ。
シテ「佐々木が賜はりて候。
トモ「尋ね申して候へば。佐々木殿の御賜はりと申し候。
源太「佐々木名字も数多有るべし。いづれの佐々木が賜はつたると重ねて尋ね候へ。
トモ「畏つて候。佐々木名字も数多あるべし。何の佐々木殿の御賜はりにて候ふぞ。
シテ「佐々木の四郎高綱が賜はりたりと申せ。ちとも苦しかるまじきぞ。
トモ「佐々木の四郎高綱の御賜はりにて候。
源太「佐々木にあひて物一言いはん其分心得候へ。いかに佐々木殿。
シテ「源太殿か珍しう候。
源太「あら羨ましの生食や候。
シテ「あゝ慾がましや。生食にましたる磨墨は候。
源太「いや全其馬ほしきにあらず候。昨日親にて候ふ者我君に参り。御馬の事を申し上ぐるに賜はらず。面目を失ひ罷り帰り候ふに。佐々木殿の御賜はりは。にくい君の御贔負候ふな。日頃の遺恨なけれども。君を恨むる子細あり。汝と爰にて刺し違へ。郎等二人失ひて。
地「君に損取らせ奉りて。思ひ知らせ申すと。手綱かいとり駆け合はす。
シテ「あふ伊豆箱根弓矢八幡も御照覧あれ。此馬は賜はらず。盗みたる馬にてあるぞ。先づ静まつて事を聞き給へ。あゝ早まつたる男かな。
源太「さて子細はいかに。
シテ「昨日某君に参り。御馬の事を申す処に賜はらず。面目を失ひ罷り帰りしに。折節御馬屋を見てあれば。かひ〴〵しき番の者も無く。唯生食が舎人ばかりなり。某兎角の事をば言はず。腰の刀を抜いて取らせ。此馬を盗みてくれよ。此度江州に討つて上り。高名極むるならば。汝をば高恩に誇らすべしと言ひければ。下﨟の身の悲しさは。慾にめでけるか。又其際兎角辞しなば悪しかりなんとや思ひけん。子細あらじと領掌す。即ち八幡の御引合せと有難く思ひ。其まゝそこにて日を暮らし。思ひのまゝに盗み馬の。追手もこそは有るらんと。
地「いさ白波の盗人を。駿河の海や浮島が原。今や景季。此上は君に科はなし。何の恨みも夏引の。糸を乱すや山の富士。打ちつれてこそ上りけれ。
シテ「嬉しやな高綱は。
地「もとめたる命生食に。磨墨を牽きつれて上りけりや。
地「さる程に是ぞ名残の酒宴かなと。佐々木梶原に諫められて。皆々馬を打ち寄せて。
源太「おり立つや。田子の浦波富士おろし。
地「靡かぬ事もなかりけり。(男舞)
地「さる程に鳥が鳴く。東の大勢攻め上れば。木曽が一党。三島高梨都を巽。宇治瀬田二つの橋を隔てゝ。
シテ「渡さん様こそ渚に乱杭。
地「底に大綱。波の隙行く駒の足に。流れかゝるを綱切の剣は。云ふ名も高綱が勢ひ。誉めぬ人こそ無かりけれ。

底本:国立国会図書館デジタルコレクション『謡曲評釈 第七輯』大和田建樹 著

このコンテンツは国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物により作成されています。
商用・非商用問わず、どなたでも自由にご利用いただけます。
当方へのご連絡も必要ありません。
コンテンツの取り扱いについては、国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物の利用規約に準じます。
詳しくは、国立国会図書館のホームページをご覧ください。
国立国会図書館ウェブサイトからのコンテンツの転載