冊子型のPDFファイルをダウンロードしていただけます。
プリントアウトの上、中央を山折りにし、端を綴じてご活用ください。

 

 

 

 

自然居士

観阿弥作

狂言 東山の人
シテ 自然居士
子方 女兒
ワキ 人商人
ワキヅレ 同

地は 始は山城 後は近江
季は 雑

狂言「かやうに候ふ者は。東山雲居寺のあたりに住居仕る者にて候。こゝに自然居士と申す喝食の御座候ふが。一七日説法を御述べ候。今日結願にて御座候。皆々参りて聴聞申し候へ。
シテ詞「雲居寺造営の札召され候へ。夕べの空の雲居寺。月待つ程の慰めに。説法一座述べんとて。導師高座に上り。発願の鉦打ち鳴らし。慎み敬つて白す。一代教主釈迦牟尼宝号。三世の諸仏十方の薩埵に申して白さく。総神分に般若心経。や。是は諷誦を御上げ候ふか。
狂言「実に是は美しき小袖にて候。急いで此諷誦文を御覧候へ。
シテ「敬つて申し受くる諷誦の事。三宝衆僧の御布施一裹。右志す所は二親聖霊頓証仏果の為め。身の代衣一重。三宝に供養し奉る。彼西天の貧女が。一衣を僧に供ぜしは。身の後の世の逆縁。今の貧女は親の為め。
地「身の代衣恨めしき。〳〵。浮世の中をとく出でゝ。先考先妣諸共に。同じ台に生れんと。読み上げ給ふ自然居士。墨染の袖を濡らせば。数の聴衆も色々の。袖を濡らさぬ人はなし。〳〵。
ワキ詞「かやうに候ふ者は。東国方の人商人にて候。我此度都に上り。数多人を買ひ取りて候。又十四五ばかりなる女を買ひ取りて候ふが。昨日少しの間暇を乞ひて候ふ程に遣りて候ふが。未だ帰らず候。なふ渡り候ふか。昨日の幼き者は。親の追善とやらん申して候ひつる程に。説法の座敷にあらうずると存じ候。自然居士の雲居寺に御座候ふ程に。立ち越え見うずるにて候。
ツレ「然るべう候。
ワキ「や。さればこそ是に候。なふ急いで連れて御入り候へ。
狂言「やるまいぞ。
ワキ「用がある。
狂言「用が有らば連れて行け。如何に居士へ申し候。
シテ「何事にて候ふぞ。
狂言「唯今諷誦を上げて候ふ女を。荒けなき男の来り候ひて追つ立てゝ行き候ふ程に。遣るまじきと申し候へば。用があると申し候ふ程に遣りて候。
シテ「あら曲もなや候。始めより彼女は様有りげに見えて候。其上諷誦を上げ候ふにも。唯小袖とも書かず。身の代衣と書いて候ふよりちと不審に候ひしが。居士が推量申すは。彼者は親の追善の為めに。我身を此小袖に替へて諷誦を上げたると思ひ候。さあらば唯今の者は人商人にて候ふべし。彼は道理此方は僻事にて候ふ程に。御身の留めたる分にてはなり候ふまじ。
狂言「人商人ならば東国方へ下り候ふべし。大津松本へ某走り行き留めうずるにて候。
シテ「暫く。御出で候ふ分にてはなり候ふまじ。居士此小袖を持ちて行き。彼女に代へて連れて帰らうずるにて候。
狂言「いやそれは今日までの御説法が無になり候ふべし。
シテ「いや〳〵説法は百日千日聞し召されても。善悪の二つを弁へん為めぞかし。今の女は善人。商人は悪人。善悪の二道こゝに極まつて候ふは如何に。今日の説法は是までなり。願以此功徳普及於一切。我等与衆生皆共成。仏道修行の為めなれば。
地「身を捨て人を助くべし。
ワキ「今出でゝ其処ともいさや白波の。此舟路をや急ぐらん。
シテ「舟なくとても説く法の。
地「道に心を留めよかし。
シテ詞「なふ〳〵其御船へ物申さう。
ワキ詞「是は山田矢橋の渡舟にてもなき物を。何しに招かせ給ふらん。
シテ「我も旅人にあらざれば。渡りの舟とも申さばこそ。其御舟へ物申さう。
ワキ「さて此舟をば何舟と御覧じて候ふぞ。
シテ「其人買舟の事ざふよ。
ワキ「あゝ音高し何と〳〵。
シテ「道理々々。よそにも人や白波の。音高しとは道理なり。人買と申しつるは。其舟漕ぐ櫂の事ざふよ。
ツレ「艪には唐艪といふ物あり。人買と云ふ櫂はなきに。
シテ「水の煙の霞をば。一霞二霞。一汐二汐なんどゝいへば。今漕ぎ初むる舟なれば。一櫂舟とは僻事か。
ワキ「実に面白くも述べられたり。さて〳〵何の用やらん。
シテ「是は自然居士と申す説経者にて候ふが。説法の場をさまされ申す。恨み申しに来りたり。
ワキ「説法には道理を述べ給ふ。我等に僻事なき物を。
シテ「御僻事とも申さばこそ兎に角に。本の小袖は参らする。舟に離れて叶はじと。裳裾を波に浸しつゝ。舟ばたに取り付き引きとゞむ。
ワキ「あら腹立やさりながら。衣に恐れて得は打たず。是も汝が科ぞとて。艪櫂を持つて散々に打つ。
シテ「打たれて声の出でざるは。若し空しくやなりつらん。
ワキ「何しに空しくなるべきと。
シテ「引き立て見れば。
ワキ「身には縄。
地「口には綿の轡をはめ。泣けども声が出でばこそ。
シテ詞「あら不便の者や。やがて連れて帰らうずるぞ心安く思ひ候へ。
ワキ詞「なふ自然居士舟より御おり候へ。
シテ「此者を賜はり候へ。小袖を召され候ふ上は御損も候ふまじ。
ワキ「参らせたくは候へどもこゝに笑止が候。
シテ「何事にて候ふぞ。
ワキ「さん候我等が中に大法の候。それを如何にと申すに。人を買ひ取つて再び返さぬ法にて候ふ程に。え参らせ候ふまじ。
シテ「委細承り候。又我等が中にも堅き大法の候。かやうに身を徒になす者に行き逢ひ。若し助け得ねば。再び庵室へ帰らぬ法にて候ふ程に。其方の法をも破るまじ。又此方の法をも破られ申すまじ。所詮此者と連れて奥陸奥の国へ下るとも。舟よりはおりまじく候。
ワキ「舟より御おりなくは栲訴を致さう。
シテ「栲訴といつぱ捨身の行。
ワキ「命を取らう。
シテ「命を取るともふつゝと下りまじい。
ワキ「何と命を取るともふつゝと下りまじいと候ふや。
シテ「中々の事。
ワキ「いや此自然居士に持て扱うて候ふよ。なふ渡り候ふか。
ツレ「何事にて候ふぞ。
ワキ「さて是は何と仕り候ふべき。
ツレ「是は御帰しなうては叶ひ候ふまじ。よく〳〵物を案じ候ふに。奥より人商人の都に上り。人に買ひかねて。自然居士と申す説経者を買ひ取り下りたるなんどゝ申し候はゞ。一大事にて候ふ程に。御帰しなうては叶ひ候ふまじ。
ワキ「我等も左様に存じ候ふさりながら。唯帰せば無念に候ふ程に。色々になぶつて帰さうずるにて候。
ツレ「尤然るべう候。
ワキ詞「なふ〳〵自然居士急いで舟より御上り候へ。
シテ「いや〳〵聊爾には下りまじく候。
ワキ「何の聊爾の候ふべき唯御上り候へ。
シテ「あゝ船頭殿の御顔の色こそ直つて候へ。
ワキ「いやちつとも直り候ふまじ。又是なる人の申され候ふは。今度始めて都へ上りて候ふが。自然居士の舞の事を承り及びて候。一指舞うて御見せあれと申され候。
シテ「総じて居士は舞まうたる事はなく候。
ワキ「それは御偽りにて候。一年今の如く説法御述べ候ひし時。いで聴衆の眠り覚まさんと。高座の上にて一指御舞ひ有りし事。奥までも其聞え候ふ程に。一指御舞ひ候へ。
シテ「あうそれは狂言綺語にて候ふ程に。左様の事も候ふべし。舞をまひ候はゞ此者を賜はり候ふべきか。
ワキ「先づ御舞を見て。其時の仕義によつて参らせ候ふべし。是に烏帽子の候。是を召して御舞ひ候へ。
シテ「よく〳〵物を案ずるに。終には此者を賜はらんずれども。唯帰せば損なり。居士を色々になぶつて恥を与へうと候ふな。余りにそれはつれなう候。
ワキ「何のつれなう候ふべき。
シテ「志賀辛崎の一つ松。
地「つれなき人の心かな。(中の舞)
シテクリ「抑舟の起りを尋ぬるに。水上黄帝の御宇より事起つて。
地「流れ貨狄が謀より出でたり。
シテサシ「こゝに又蚩尤といへる逆臣あり。
地「彼を亡ぼさんとし給ふに。烏江といふ海を隔てゝ。攻むべき様もなかりしに。
クセ「黄帝の臣下に。貨狄と云へる士卒あり。ある時貨狄庭上の。池の面を見渡せば。折節秋の末なるに。寒き嵐に散る柳の。一葉水に浮びしに。又蜘蛛といふ虫。是も虚空に落ちけるが。其一葉の上に乗りつゝ。次第次第に笹蟹の。いとはかなくも柳の葉を。吹きくる風に誘はれ。汀に寄りし秋霧の。立ちくる蜘蛛の振舞。実にもと思ひそめしより。巧みて舟を造れり。黄帝是に召されて。烏江を漕ぎ渡りて。蚩尤を安く亡ぼし。御代を治め給ふ事。一万八千歳とかや。
シテ「然れば船のせんの字を。
地「公に前むと書きたり。さて又天子の御顔を。龍顔と名づけ奉り。舟を一葉と云ふ事。此御宇より始まれり。又君の御座舟を。龍頭鷁首と申すも。此御代より起れり。
ワキ詞「如何に申し候。我等が舟を龍頭鷁首と御祝ひ候ふ事過分に存じ候。とてもの事に簓を摺つて御見せ候へ。
シテ詞「さらば竹を賜はり候へ。
ワキ「折節船中に竹が候はぬよ。
シテ「苦しからず候。彼仏の難行苦行し給ひしも。一切の衆生を助けん為めぞかし。居士も又其如く。身をこつかに砕きても。彼者を助けん為めなり。夫れさゝらの起りを尋ぬるに。東山に在る御僧の。扇の上に木の葉のかゝりしを。持ちたる数珠にてさらり〳〵と払ひしより。さゝらといふ事始まりたり。居士も又其如く。さゝらのこには百八の数珠。さゝらの竹には扇の骨。おつ取り合はせ是を摺る。所は志賀の浦なれば。
地「さゝ波や。〳〵。志賀辛崎の松の上葉を。さらり〳〵とさゝらの真似を。数珠にて為れば。さゝらより猶手をも摺る物。今は助けてたび給へ。
ワキ詞「手を摺るなどゝ承り候ふ程に参らせ候ふべし。とてもの事に羯鼓を打つて御見せ候へ。
地「もとより鼓は波の音。(羯鼓の舞)
地「もとより鼓は波の音。寄せては岸をどうとは打ち。天雲迷ふ鳴神の。とゞろ〳〵と鳴る時は。降りくる雨ははら〳〵はらと。小笹の竹のさゝらを摺り。池の氷のとう〳〵と。鼓を又打ちさゝらを猶摺り。狂言ながらも法の道。今は菩提の岸に寄せくる。船の内より。ていとうと打ち連れて。共に都に上りけり。〳〵。

底本:国立国会図書館デジタルコレクション『謡曲評釈 第八輯』大和田建樹 著

このコンテンツは国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物により作成されています。
商用・非商用問わず、どなたでも自由にご利用いただけます。
当方へのご連絡も必要ありません。
コンテンツの取り扱いについては、国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物の利用規約に準じます。
詳しくは、国立国会図書館のホームページをご覧ください。
国立国会図書館ウェブサイトからのコンテンツの転載