冊子型のPDFファイルをダウンロードしていただけます。
プリントアウトの上、中央を山折りにし、端を綴じてご活用ください。

 

 

 

 

墨染桜


ワキ 上野峰雄
シテ 里人


ワキ 前に同じ。
シテ 花の精

地は 山城
季は 三月

ワキ次第「色香もさぞな深草の。〳〵。野辺の桜を尋ねん。
詞「是は旧院に仕へ申しゝ峯雄がなれる果にて候。誠や良峯も御別れを悲しみ。比叡山に遁世と聞き。一人に限らぬ思ひの色。深草山に分け入りて。古院の常に叡覧有りし。花をもせめて詠めばやと思ひ候。
道行「都出づれば日も既に。竹田の里は是やらん。一夜伏見の夢にだに。〳〵。思ひ絶えにし別路の。末こそ知らね深草の。花は昔や慕ふらん。〳〵。
ワキ詞「急ぎ候ふ程に。深草に着きて候。我此陵に来て見れば。人跡絶えたる木のもとは。猶深草の花の色。誰と咎むる気色もなし。何となく思ひ連ねて候。深草の野辺の桜し心あらば。此春ばかり墨染に咲け。此歌を短冊に写し。枝につけて帰らばやと思ひ候。
シテ詞「なふ〳〵あれなる御僧に申すべき事の候。
ワキ詞「此方の事にて候ふか何事にて候ふぞ。
シテ「今の詠歌の有難さに。是まで顕はれ参りたり。
ワキ「不思議やな花を詠むる友かと見ればさはなくて。今の詠歌の有難きとは。如何なる人にてましますぞ。
シテ「此花なくはいかにして。かゝる詠歌のましますべき。唯今手向の言の葉にも。深草の野辺の桜し心あらば。此春ばかり墨染に。
地「咲けども今は恨めしや。〳〵。浮世の春のあだ桜。風吹かぬ間も有るべきか。あぢきなの習ひやな。我も浮世を捨衣。君が為めなる焼物の。沈香ながら切髪の。ながらへはてぬ世の中に。様かへて給び給へ。我さまかへてたび給へ。
ワキ「さて何故の御発心にて候ふぞ。
シテ「是は御詠歌故侯ふよ。
ワキ「そも〳〵詠歌故とは侯。
シテ「唯今の御詠歌に。此春ばかりと遊ばしたる。此春ばかりを引きのけて。此春よりはと詠じ給はゞ。猶行末も久方の。尽きぬ逢瀬の言葉を添えて。
地「花は是まで青柳の。暇申してさらばとて。立つかと見れば薄霞。木の間の月の影闇く。花曇りして失せにけり。〳〵。(中入)
ワキ詞「さては此花の精顕はれて。我に詞をかはしけるぞや。いざや成道なすべしと。
歌「説くや御法の言の葉は。〳〵。深草野辺の草衣。片敷く袖もうば玉の。墨の衣の旅寝かな。〳〵。
後ジテ一声「あら有難の御経やな。〳〵。
クリ「草木国土悉皆成仏。
地「実に頼もしや此文は。中陰経の妙文。
シテ「尊とや我こそ草木国土に。色香を見せて花の名の。
地「深草野辺の墨染桜。是見給へや御僧よ。
シテサシ「それ桜は諸木にすぐれ。水を生ずる徳あり。
地「是に依つて火難の恐れを為す事なし。されば帝都を花洛と号し。陽花殿月花門。左近の桜に至るまで。禁中に移し置かれたり。
シテ「主上此木に向はせ給ふ。
地「是によつて玉簾に。木向といふ紋を顕はすなり。
クセ「かほどめでたき花の徳。誰かは仰がざるべき。中にも此桜は。旧院の御愛木。花の新に開けし日は。初陽潤ふ御顔も。歓ばせおはしまし。鳥の老いて帰る時。薄暮くもれる御気色。無常の嵐吹き来り。花より先に散り給ふ。心なき草木も。歎きの色に出でざらん。此春ばかり墨染に。咲けとの詠は恥かしや。
シテ「皆人は。花の衣になりぬなり。
地「苔の袂やせめてなど。かわかざらめや雨と降り。嵐にだにも誘はれて。日数をめぐるあだ桜。うき世の春を隠家と。墨染衣衣更着の。仏の縁を受けつぎて。草木も成仏の。御法ぞ嬉しかりける。深草の。(舞)
シテ「深草の野辺の桜し心あらば。
地「此春よりは墨染に咲け。墨染に咲け。〳〵。
シテ「花の袂も風吹かぬほどぞ。
地「雨にも誘はれ。
シテ「露にもしをれ。
地「契り少なき花衣。墨染桜こずゑに残る。霞も雲も明けゆく空に。〳〵。松風ばかりや音すらん。

底本:国立国会図書館デジタルコレクション『謡曲評釈 第九輯』大和田建樹 著

金剛流のみが現行曲として扱っている「墨染桜」は、これまでもほとんど上演されてこなかった稀曲ですが、この現行の形式は、原作から内容が大幅に縮小されてしまった経緯がありました。
近年ではこの縮小された部分を復曲し、流儀を超えて完全な形で上演する取り組みが行われています。
以下に復曲された詞章の全文が公開されています。

内容の把握にお役立てください。

このコンテンツは国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物により作成されています。
商用・非商用問わず、どなたでも自由にご利用いただけます。
当方へのご連絡も必要ありません。
コンテンツの取り扱いについては、国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物の利用規約に準じます。
詳しくは、国立国会図書館のホームページをご覧ください。
国立国会図書館ウェブサイトからのコンテンツの転載