冊子型のPDFファイルをダウンロードしていただけます。
プリントアウトの上、中央を山折りにし、端を綴じてご活用ください。

 

 

 

 

千手 古名 千手重衡

禅竹作

ワキ 狩野介宗茂
シテ 千手
ツレ 中将重衡

地は 相模
季は 夏

ワキ詞「これは鎌倉どのゝ御内に。狩野介宗茂にて候。さても相国のおん子重衡の卿は。此たび一谷の合戦に生捕られ給ひ候ふを。某あづかり申して候。朝敵のおん事とは申しながら。頼朝いたはしく思し召され。よく痛はり申せとの御事にて。昨日も千手の前を遣はされて候。かの千手の前と申すは。手越の長が娘にて候ふが。優にやさしく候ふとて。おん身ちかく召し使はれ候ふを遣はされ候ふ事。まことに有難き御志にて御座候。今日はまた雨中御つれ〴〵。酒を勧め申さばやと存じ候。
シテ次第「琴の音そへて音づるゝ。〳〵。これや東屋なるらん。
サシ「それ春の花の樹頭に栄え。秋の月の水底に沈むも。世のはかなさの有様を。見てもあはれや重衡の。その古は雲の上。かけても知らぬ身のゆくへ。波に漂ひ舟に浮き。さらばよるべのよそならで。有りしにかへる有様かな。
下歌「都にだにも留めぬ。御涙なるを痛はしや。
上歌「陸奥の。忍ぶに堪へぬ雨の音。〳〵。降りすさびたる折しもは。思ひの露もちり〴〵に。心の花もしを〳〵と。しをるゝ袖の色までも。今日の夕べのたぐひかな。〳〵。
シテ詞「いかに案内申し候はん。
ワキ詞「誰にて渡り候ふぞ。
シテ「千手の前が参りたるよしそれ〳〵御申し候へ。
ワキ「暫く御待ち候へ。御機嫌を以て申さうずるにて候。
重衡サシ「身はこれ槿花一日の栄。命は蜉蝣の定めなきに似たり。心は蘇武が胡国に囚はれ。岩窟の内に籠められて。君辺を忘れぬ志。それはやうりが謀にて。敵を亡ぼし旧里に帰る。我はいつとなく敵陣に籠められて。縲絏の責を受くる。知らず今日もや限ならん。あら定めなや候。
ワキ詞「いかに申し上げ候。千手の御参りにて候。
重衡詞「唯今は何のためにて候ふぞ。よし〳〵何事にてもあれ。今日の対面は叶ふまじきと申し候へ。
ワキ「畏つて候。いかに申し候。御参りの由申して候へば。何と思し召し候ふやらん。今日の御対面は叶ふまじきよし仰せ出だされて候。
シテ「これも私にあらず。頼朝よりの御諚にて。琵琶琴持たせて参りたり。此由かさねて御申し候へ。
ワキ「御諚の趣申して候へば。これも私にあらず。頼朝よりの御諚にて。琵琶琴持たせて参りたり。よし〳〵御憚はさる事なれども。たゞこなたへと請ずれば。
シテ「その時千手立ちよりて。
地「妻戸をきりゝと押し開く。御簾の追風にほひ来る。花の都人に。恥かしながら見々えん。げにや東の果しまで。人の心の奥深き。その情こそ都なれ。花の春紅葉の秋。たが思出となりぬらん。
重衡詞「いかに千手の前。昨日あからさまに申しつる出家の御暇の事聞かまほしうこそ候へ。
シテ詞「さん候其由申して候へば。朝敵の御事なるを私として。出家を許し申さん事。思ひも寄らずとこそ候ひつれ。わらはも御心の内おしはかり参らせて。いかほど細々と申して候へども。かひなき出家の御望み。痛はしうこそ候へ。
重衡「くちをしや我一谷にて如何にもなるべき身の生捕られ。今は東の果までも。かやうに面をさらす事。前世の報いといひながら。又おもはずも父命により。仏像を亡ぼし人寿を絶ちし。現当の罪を果すこと。前業よりなほ恥かしうこそ候へ。
シテ「げに〳〵是は御理りさりながら。かゝる例は古今に。多き習ひと聞くものを。独とな歎き給ひそとよ。
重衡「げによく慰め給へども。たぐひはあらじ憂き身の果。
シテ「昨日は都の花と栄え。
重衡「今日は東の春に来て。
シテ「移り変れる。
重衡「身のほどを。
地「思へたゞ。世は空蝉の唐衣。〳〵。着つゝなれにし妻しある。都の雲井を立ち離れ。はる〴〵来ぬる。旅をしぞ思ふ衰への。憂き身のはてぞ悲しき。水ゆく川の八橋や。蜘蛛手に物を思へとは。かけぬ情の中々に。馴るゝや恨みなるらん。〳〵。
ワキ「今日の雨中の夕べの空。御つれ〴〵を慰めんと。樽を抱きて参りつゝ。既に酒宴を始めんとす。
シテ「千手も此よし見るよりも。お酌に立ちて重衡の。御前にこそ参りけれ。
重衡「今はいつしか憚の。心ならずに思はずも。手まづ遮る盃の。心一つに思ふ思ひ。
ワキ「それ〳〵いかに何にても。おん肴にと進むれば。
シテ「その時千手とりあへず。羅綺の重衣たる。情なき事を機婦に妬む。
三人「只今詠じ給ふ朗詠は。忝くも北野の御作。此詩を詠ぜば聞く人までも。守るべしとのおん誓なり。
重衡「さりながら重衡は。今生の望なし。
三人「たゞ来世の便こそ。聞かまほしけれと宣へば。
シテ「わらは仰せを承り。十悪といふとも引摂すと。
地「朗詠してぞ奏でける。
シテクリ「さてもかの重衡は。相国の末の御子とは申せども。
地「兄弟にも勝れ一門にも越えて。父母の寵愛かぎりなし。
シテサシ「されども時うつり。平家の運命こと〴〵く。
地「月の夜すがら声たてゝ。鳴くや牡鹿の津の国の。生田の河に身を捨てゝ。防ぎ戦ふと申せども。
シテ「森の下風木の葉の露。
地「落されけるこそあはれなれ。
クセ「いまは梓弓。よし力なし重衡も。引かんとするにいづかたも。網を置きたる如くにて。遁れかねたる淀鯉の。生捕られつゝ有りて憂き。身をうろくづの其まゝに。沈みは果てずして。名をこそ流せ川越の。重房が手に渡り。心の外の都入。
シテ「げにや世の中は。
地「定めなきかな神無月。時雨降りおく奈良坂や。衆徒の手に渡りなば。とにもかくにも果てはせで。また鎌倉に渡さるゝ。こゝは何くぞ八橋の。雲井の都いつか又。三河の国や遠江。足柄箱根うち過ぎて。明けもやすらん星月夜。鎌倉山に入りしかば。憂き限ぞと思ひしに。馴るればこゝも忍音に。あはれ昔を思妻の。灯闇うしては。数行虞氏が涙の。雨さへ頻る夜の空。
シテ「四面に楚歌の声の内。
地「何とか返す舞の袖。思ひの色にや出でぬらん。涙を添へて廻らすも。雪の古枝の枯れてだに。花さく千手の袖ならば。重ねていざや返さん。
地「忘れめや。(序の舞)
シテワカ「一樹の陰や一河の水。
地「皆これ他生の縁といふ。白拍子をぞ謡ひける。
重衡「その時重衡興に乗じ。
地「そのとき重衡興に乗じ。琵琶を引きよせ弾じ給へば。また玉琴の緒合に。
シテ「合はせて聞けば。
地「峰の松風かよひ来にけり。琴を枕の短夜の転寐。夢も程なく東雲もほの〴〵と。明けわたる空の。
シテ「あさまにやなりぬべき。
地「あさまにやなりなんと。酒宴を止め給ふ。おん心の内ぞ痛はしき。
地「かくて重衡勅により。〳〵。また都にとありしかば。武士守護し出で給へば。
シテ「千手も泣く〳〵立ち出で。
地「なに中々の憂き契り。はやきぬ〴〵に引き離るゝ。袖と袖との露涙。げに重衡の有様。目もあてられぬ気色かな。〳〵。

底本:国立国会図書館デジタルコレクション『謡曲評釈 第九輯』大和田建樹 著

このコンテンツは国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物により作成されています。
商用・非商用問わず、どなたでも自由にご利用いただけます。
当方へのご連絡も必要ありません。
コンテンツの取り扱いについては、国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物の利用規約に準じます。
詳しくは、国立国会図書館のホームページをご覧ください。
国立国会図書館ウェブサイトからのコンテンツの転載