冊子型のPDFファイルをダウンロードしていただけます。
プリントアウトの上、中央を山折りにし、端を綴じてご活用ください。

 

 

 

 

張良

観世小次郎作

前(後も)
ワキ 張良
シテ 黄石公

地は 唐土
季は 雑

ワキ詞「是は漢の高祖の臣下張良とは我事なり。われ公程に隙なき身なれども。或る夜ふしぎの夢をみる。是より下邳と言ふ所に土橋あり。かの土橋に何となくやすらふ所に。一人の老翁馬上にて行き逢ふ。かの者左の沓を落し。某に取つて履かせよといふ。何者なれば我にむかひ。かく言ふらんと思ひつれども。かれが気色只ものならず。其上老いたるを貴び親と思ひ。沓を取つてはかせて候。其時かの者申すやう。汝誠の志あり。今日より五日に当らん日こゝに来れ。兵法の大事を伝ふべきよし申して夢さめぬ。やう〳〵日を考へ候へば。今日五日に相当り候ふ程に。唯今下邳の土橋へと急ぎ候。
道行「五更の天も明け行けば。〳〵。時やおそきと行く程に。道は遥に山の端も。白み渡れる川波や。下邳の土橋に着きにけり。〳〵。
シテ「あら遅なはりやいかに張良。年老いたるものと契りおきし。其言の葉もはや違ひぬ。我は先刻よりこゝに来り。暁鐘をかぞへ待ちつるに。はや其時刻も杉の門。
地「待つかひもなしはや帰れ。〳〵。汝誠の志。あらば今日より五日に。当らん其日夜ふかく。来らば我もまたこゝに。かならず出で逢ひ。約束の如く伝へん。おくれ給ふな張良と。怒りをなして老翁は。かきけすやうに失せにけり。〳〵。
ワキ詞「言語道断。以ての外の機嫌にて候ふは如何に。又我ながら斯くの如く。ゆくへも知らぬ御事に。かやうに恐れ従ふ事。其故なきには似たれども。大事を伝へて末世に遺し。兵法の師といはれんと。
地「思ふ心を見んためと。〳〵。知れば帰るも恨みなし。又こそこゝに来らめと。勇みをなして帰りけり。〳〵。(中入)
後ワキ一声「瑶台霜満てり。一声の玄鶴空に鳴く。巴峡秋深し。五夜の哀猿月に叫ぶ。もの冷ましき山路かな。
地「有明の。月も隈なき深更に。〳〵。山の峡より見渡せば。所は下邳の川波に。渡せる橋におく霜の。白きをみれば今朝はまだ。渡りし人の跡もなし。うれしや今は早。思ふ願ひも満つ潮の。暁かけてはるかに。夜馬に鞭うつ人影の。駒をはやむる気色あり。
後ジテ「抑是は。黄石公と云ふ老人なり。
詞「こゝに漢の高祖の臣下張良と云ふ者。たゞ公程を見て君臣をおもんじ。義を全うして心たけく。賢才人に越え。器量すぐれ。
地「国を治め民をあはれむ志。
シテ「天道に通じて忽ちに。
地「諸仏も感応目のあたり。
シテ「大事を伝へて高祖につかへ。
地「敵を平らげ味方を勇め。天下を治めん謀。汝に伝へんと。駒をはやめて来り給ふを。張良はるかに見奉れば。ありしにかはれる石公の粧ひ。眼の光りもあたりを払ひ。姿もかゝやく威勢に恐れて。橋本にかしこまり待ち居たり。
シテ詞「いかに張良。いしくも早く来るものかな。近づき給へ物いはん。
ワキ詞「其時張良立ち上り。衣冠正しく引きつくろひ。土橋を遥かに上り行けば。
シテ「天晴器量の人体かなと。思ひながらも今一度。心を見んと石公は。
地「はいたる沓を馬上より。〳〵。遥かの川にをとし給へば。張良つゞいて飛んでをり。流るゝ沓を取らんとすれども。所は下邳の巌石いはほに。足もたまらず早き瀬の。矢を射る如く落ちくる水に。浮きぬ沈みぬ流るゝ沓を。取るべき様こそなかりけれ。
地「ふしぎや川浪立ち帰り。〳〵。俄に河霧立ち暗がつて。浪間に出づる蛇体のいきほひ。紅の舌をふりたてふりたて。張良を目がけてかゝりけるが。流るゝ沓をおつとり上げて。面もふらずかゝりけり。
ワキ「張良さわがず剣を抜き持ち。
地「張良さわがず剣を抜き持ち。蛇体にかゝれば。大蛇は剣の光りに恐れ。持ちたる沓をさしいだせば。沓をおつ取り剣を収め。又川岸にえいやとあがり。さて彼沓を取りいだし。石公にはかせ奉れば。
シテ「石公馬より静にをりたち。
地「石公馬より静にをりたち。さるにても汝。善哉々々と。彼一巻を取り出だし。張良にあたへ給ひしかば。すなはち披き悉く拝見し。秘曲口伝を残さず伝へ。また彼大蛇は観音の再誕。汝が心を見ん為めなれば。今より後は守護神となるべしと。大蛇は雲井に攀ぢ上れば。石公はるかの高山にあがり。金色の光りを虚空に放し。忽ち姿を黄石と顕はし。残し給ふぞ有難き。

底本:国立国会図書館デジタルコレクション『謡曲評釈 第二輯』大和田建樹 著

このコンテンツは国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物により作成されています。
商用・非商用問わず、どなたでも自由にご利用いただけます。
当方へのご連絡も必要ありません。
コンテンツの取り扱いについては、国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物の利用規約に準じます。
詳しくは、国立国会図書館のホームページをご覧ください。
国立国会図書館ウェブサイトからのコンテンツの転載