冊子型のPDFファイルをダウンロードしていただけます。
プリントアウトの上、中央を山折りにし、端を綴じてご活用ください。

 

 

 

 

経政

世阿弥作

ワキ 僧都行慶
シテ 平経政

地は 京都
季は 秋

ワキ詞「是は仁和寺御室に仕へ申す。僧都行慶にて候。扨も平家の一門但馬の守経政は。いまだ童形の時より。君御寵愛なのめならず候。然るに今度西海の合戦に討たれ給ひて候。又青山と申す御琵琶は。経政存生の時より預け下れて候。彼御琵琶を仏前にすゑ置き。管絃講にて弔ひ申せとの御事にて候ふ程に。役者を集め候。
サシ「実にや一樹の陰に宿り。一河の流れを汲む事も。皆これ他生の縁ぞかし。ましてや多年の御値遇。恵を深くかけまくも。忝なくも宮中にて。法事をなして夜もすがら。平の経政成等正覚と。弔ひ給ふ有難さよ。
地「ことに又。彼青山と云ふ琵琶を。 〳〵。亡者の為めに手向けつゝ。同じく糸竹の。声も仏事をなし添へて。日々夜々の法の門。貴賤の道も普しや。〳〵。
シテサシ「風枯木を吹けば晴天の雨。月平沙を照らせば夏の夜の。霜の起居も安からで。仮に見えつる草の陰。露の身ながら消え残る。妄執の縁こそつたなけれ。
ワキ「不思議やな早深更になるまゝに。夜の灯かすかなる。光の内に人影の。有るか無きかに見え給ふは。如何なる人にてましますぞ。
シテ詞「我経政が幽霊なるが。御弔ひの有難さに。是まで顕はれ来りたり。
ワキ「そも経政の幽霊と。答ふる方を見んとすれば。又消え〳〵と形もなくて。
シテ「声はかすかに絶え残つて。
ワキ「正しく見えつる人影の。
シテ「有るかと見れば。
ワキ「又見えもせで。
シテ「有るか。
ワキ「無きかに。
シテ「かげろふの。
地「幻の。常なき身とて経政の。〳〵。もとの浮世に帰り来て。それとは名のれども其主の。形は見えぬ妄執の。生をこそ隔つれども。我は人を見る物を。実にや呉竹の。筧の水はかはるとも。住み飽かざりし宮の中。幻に参りたり。夢幻に参りたり。
ワキ詞「不思議やな経政の幽霊かたちは消え声は残つて。なほも言葉をかはしけるぞや。よし夢なりとも現なりとも。法事の功力成就して。亡者に言葉をかはす事よ。あら不思議の事やな。
シテ詞「我若年の昔より宮の中に参り。世上に面をさらす事も。偏に君の御恩徳なり。中にも手向け下さるゝ。青山の御琵琶。娑婆にての御許されを蒙り。常に手馴れし四つの緒に。
地「今も引かるゝ心故。聞きしに似たる撥音の。是ぞ正しく。妙音の誓ひなるべし。されば彼経政は。〳〵。いまだ若年の昔より。外には仁義礼智信の。五常を守りつゝ。内には又花鳥風月。詩歌管絃を専とし。春秋を松陰の。草の露水のあはれ世の。心にもるゝ花もなし。〳〵。
ワキ詞「亡者の為めには何よりも。娑婆にて手馴れし青山の琵琶。おの〳〵楽器を調へて。糸竹の手向をすゝむれば。
シテ詞「亡者も立ちより灯の影に。人には見えぬ者ながら。手向の琵琶を調ぶれば。
ワキ「時しも頃は夜半楽。眠りを覚ますをりふしに。
シテ「不思議や晴れたる空かき曇り。俄に降りくる雨の音。
ワキ「しきりに草木を払ひつゝ。時の調子も如何ならん。
シテ「いや雨にてはなかりけり。あれ御覧ぜよ雲の端の。
地「月に双の岡の松の。葉風は吹き落ちて。村雨の如くにおとづれたり。おもしろや折からなりけり。大絃は嘈々として村雨の如し。さて小絃は切々として。私語に異ならず。
クセ「第一第二の絃は。索々として秋の風。松を払つて疎韻落つ。第三第四の絃は。冷々として夜の鶴の。子を思つて籠の内に鳴く。鶏も心して。夜遊の別れとゞめよ。
シテ「一声の鳳管は。
シテ地「秋秦嶺の雲を動かせば。鳳凰も是にめでゝ。桐竹に飛び下りて。翅を連ねて舞遊べば。律呂の声々に。心声に発す。声あやをなす事も。昔を返す舞の袖。衣笠山も近かりき。おもしろの夜遊や。あらおもしろの夜遊や。あらなごり惜しの夜遊やな。
シテ詞「あら恨めしやたま〳〵閻浮の夜遊に帰り。心をのぶるをりふしに。又瞋恚の起る恨めしや。
ワキ「さきに見えつる人影の。なほ顕はるゝは経政か。
シテ「あら恥かしや我姿。はや人々に見えけるぞや。あの灯を消し給へとよ。
地「灯を背けては。〳〵。共にあはれむ深夜の月をも。手に取るや帝釈修羅の。戦ひは火を散らして。瞋恚の猛火は雨となつて。身にかゝれば。払ふ剣は他を悩まし。我と身を切る。紅波はかへつて猛火となれば。身を焼く苦患はづかしや。人には見えじ物を。あの灯を消さんとて。其身は愚人夏の虫の。火を消さんと飛び入りて。嵐と共に灯を吹き消して。暗まぎれより。魄霊は失せにけり。魄霊の影は失せにけり。

底本:国立国会図書館デジタルコレクション『謡曲評釈 第四輯』大和田建樹 著

このコンテンツは国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物により作成されています。
商用・非商用問わず、どなたでも自由にご利用いただけます。
当方へのご連絡も必要ありません。
コンテンツの取り扱いについては、国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物の利用規約に準じます。
詳しくは、国立国会図書館のホームページをご覧ください。
国立国会図書館ウェブサイトからのコンテンツの転載