冊子型のPDFファイルをダウンロードしていただけます。
プリントアウトの上、中央を山折りにし、端を綴じてご活用ください。

 

 

 

 

藤栄

ワキ 最明寺時頼
男 月若家臣
シテ 藤栄
トモ 藤栄従者
ツレ 鳴尾某
立衆 同伴者
ヲカシ 鳴尾下人

地は 摂津
季は 雑

ワキ次第「ゆくへ定めぬ道なれば。〳〵。こし方も何処ならまし。
詞「是は諸国一見の僧にて候。我いまだ西国を見ず候ふほどに。此度思ひたち西国行脚とこゝろざして候。
サシ「城南の離宮に趣き。都を隔つる山崎や。関戸の宿は名のみして。泊りもはてぬ旅のならひ。うき身はいつもまじはりの。塵のうき世の芥川。猪名の小笹を分けすぎて。
下歌「月も宿借る昆陽の池。水底きよくすみなして。
上歌「蘆の葉わけの風の音。〳〵。聞かじとするにうきことの。捨つる身までも有馬山。かくれかねたる世の中の。うきに心はあだ夢の。さむる枕に鐘遠き。難波は跡に鳴尾潟。蘆屋の里に着きにけり。〳〵。
ワキ詞「急ぎ候ふ程に。蘆屋の里に着きて候。日の暮れて候ふほどに宿を借らばやと思ひ候。いかに是なる塩屋の内へ案内申し候。
男「誰にて渡り候ふぞ。
ワキ「諸国一見の僧にて候。一夜の宿を御かし候へ。
男「やすき程の御事にて候へども。あまりに見ぐるしく候ふ程に。御宿は叶ひ候ふまじ。
ワキ「見ぐるしきは苦しからず候。道に行き暮れたる修行者にて候。ひらに一夜を明かさせて賜はり候へ。
男「さらば御宿を参らせんと。いぶせき床の塵はらひ。
地「十符の菅薦。しきりに松風や。うき世の夢を覚ますらん。さていつの世の情ぞや。雨は降らねど此宿は。一樹の陰とおぼえたり。〳〵。
ワキ詞「まことに御志ありがたう候。や。是なるをさなき人はよしありげに見えて候。たが御子息にて候ふぞ。
男「いや名も無き人にて候。
ワキ「いかに仰せ候ふとも唯人とは見え給はず候。何の苦しう候ふべきまつすぐに御名のり候へ。
男「何をか包み申すべき。是は蘆屋の先地頭藤左衛門殿の御子息にて渡り候。
ワキ「なふそれは何とてかやうに賤しき海士の奴とはなり給ひて候ふぞ。
男「叔父御の藤栄殿に跡を押領せられ。かやうに不思議なる所にて御入り候。
ワキ「言語道断の次第にて候。さて重書をば御持ち候はぬか。
男「重書もこれに候。
ワキ「そと御見せ候へ。
男「いや〳〵大事のものにて候ふ程に如何にて候。
ワキ「そと見申してやがて返し申さうずるにて候。
男「さらば御意にて候ふ程に。そと御目にかけ候ふべし。
ワキ「何々蘆屋の庄七百余町の所。一男月若に譲りおく処なり。蘆屋の藤左衛門尉家俊判。や。何とてかやうの証跡たゞしきものを御持ち候ひて。御訴訟は候はぬぞ。
男「其事にて候。運の尽くる所は。最明寺殿さへ修行に御出で候ふ由うけたまはり候ふ間。何とも了簡なく候。
ワキ「あら痛はしや候ふ。今夜の御宿の御恩に。此をさなき人を三日が間に世に立てゝ参らせうずるにて候。
男「是は何とやらん誠しからず候。
ワキ「御不審尤にて候ふさりながら。世には奇特なる事もあるものにて候。唯某に御まかせ候へ。
男「さらばたのみ申さうずるにて候。
ワキ「さて藤栄殿の在所はいづくにて候ふぞ。
男「あれに見えたるが藤栄殿の御館にて候。今日は浦遊びに御出で候ふよし申し候。
ワキ「さらば浦にいでゝ彼人に逢ひ申し候ふべし。又此重書をば某に御あづけ候へ。月若殿をば御同道候ひて。あとより御出であらうずるにて候。
男「心得申し候。
シテ詞「是は蘆屋の藤栄にて候。今日は日もうらゝに候ふ間。浦遊びに出でばやと思ひ候。いかに誰かある。
トモ詞「御前に候。
シテ「浦遊びに出で候ふべし。舟の事申し付け候へ。
トモ「畏つて候。
シテ「いかに誰かある。あれに当つて笛鼓の音の聞え候ふは。いかなる事にてあるぞ尋ねて来り候へ。
トモ「畏つて候。尋ね申して候へば。鳴尾殿の御酒迎に。囃物をして御出であると申し候。
シテ「さらば此所にて待たうずるにて候。
トモ「然るべう存じ候。
鳴尾「川岸の。
地「川岸の。根白の柳あらはれにけり。そよの。
シテ「あらはれて。いつかは君と。
地「君と。
シテ「われと。
立衆「我と。
シテ「君と。
地「枕さだめの。やよがりもそよな。
シテ詞「是までの御出過分に存じ候。
鳴尾「某に御かくし候ふほどに。御酒迎の為めに酒を持たせて候。一つきこしめされ候へ。
シテ「かゝる祝着なる事こそ候はね。さらば一つ給べうずるにて候。
ヲカシ「いかに藤栄殿へ申し候。某が舞をそとさし申さうずるにて候。
シテ「たべ酔ひて候ふ程に舞はうずるにて候。吉野立田の花もみぢ。
地「更科越路の月雪。(舞)
地クリ「それ舟の起りを尋ぬるに。みなかみ黄帝の御宇よりおこりて。ながれ貨狄が謀によれり。
シテサシ「こゝに又蚩尤といへる逆臣あり。
地「かれを滅ぼさんとし給ふに。烏江といふ海を隔てゝ。攻むべきやうもなかりしに。
クセ「黄帝の臣下に。貨狄といへる士卒あり。ある時貨狄庭上の。池の面を見わたせば。をりから秋の末なるに。寒き嵐に散る柳の。一葉水にうかびしに。又蜘蛛といふ虫。是も虚空に落ちけるが。其一葉の上に乗りつつ。次第々々にさゝがにの。いとはかなくも柳の葉を。吹きくる風にさそはれ。汀によりし秋霧の。立ちくる蜘蛛のふるまひ。げにもと思ひそめしより。たくみて船をつくれり。黄帝これにめされて。烏江を漕ぎわたりて。蚩尤をやすく滅ぼし。御代を治め給ふ事。一万八千歳とかや。
シテ「しかれば船のせんの字を。君にすゝむと書きたり。さて又天子の御顔を。龍顔と名づけ奉り。船を一葉と言ふ事。此御宇より始まれり。又君の御座舟を。龍頭鷁首と申すも。此御代よりおこれり。
ワキ詞「たゞ今舞まうたるものゝ名字をば何といふぞ。
ヲカシ「藤栄殿と申して隠れなき人候ふよ。
ワキ「其藤栄に。先の舞こそ面白けれ。今一さし舞へ見うといへ。
ヲカシ「それはたが左様に申し候ふぞ。
ワキ「愚僧が言ふと言へ。
ヲカシ「心得て候。いかに申し候。あれなる修行者の藤栄殿の舞こそおもしろけれ。今一番舞へと申し候。
シテ「さやうに申すはあれなる修行者の事にてあるか。
ヲカシ「さん候あれにて候。
シテ「やすき間の事。舞をば以前まうてある間。今度は八撥を打つて聞かせうずると申し候へ。
ヲカシ「シカ〳〵。
シテ「いや〳〵苦しからぬ事にて候ふ左様に申し候へ。
ヲカシ「畏つて候。いかに申し候。唯今の由申して候へば。舞をば以前に御まひ候間。八撥を打つて御見せあらうずると仰せ候。
ワキ「急いで打てと言へ。
シテ「ゆくへもしらぬ修行者に。舞一さしと乞はれたるは。あつぱれ藤栄が為めには面目にて候。総じて八撥を打ちたる事はなけれども。あまりに彼奴が憎さに。わざと撥を大きにあつらへ。小笠の内へ見参申さでは叶ふまじ。
地「もとより鼓は波の音。よせては岸をどうとは打ち。天雲まよふ鳴神の。とゞろ〳〵と鳴る時は。降りくる雨ははら〳〵はらと。小篠の竹の。音も八撥も。いざ打たういざ打たう。
シテ詞「此上はさし扇をのけられ候へ。小笠の内へ見参申さう。
ワキ詞「やあ是こそ鎌倉の最明寺実信よ見忘れたるか藤栄。なにとて八撥うたぬぞ打てとこそ。汝は過分の振舞かな。何とて総領月若をば追ひいだし。いやしき海士の奴となす事。前代未聞の僻事なり。われ諸国を修行する事全く余の儀にあらず。かやうの在々所々の政道を致さんが為めなり。いかに月若。あら不便や此間さこそ無念にありつらんな。事おほしといへども。けふは最上吉日なれば。蘆屋の庄七百餘町の所。月若が知行たるべきなり。又藤栄が事は重科人の事なれば。いかなる流罪死罪にも行ふべけれども。よし〳〵慈悲は上より下り。仇を恩にて報ずるなれば。汝が知行それは相違あるべからず。今日よりしては総領を総領とし。一家繁昌たるべしと。かさねて安堵を下しければ。
地「げにありがたき御政道。直なる時の世に出づる。月若が心の内。天にもあがるばかりなり。
地「やがて本宅に立ちかへり。〳〵。知行の道もたゞしく。総領庶子繁昌し。一族の栄花きはもなし。百姓も万民も。みな朝恩にほこりて。栄ふる御代とぞなりにける。

底本:国立国会図書館デジタルコレクション『謡曲評釈 第二輯』大和田建樹 著

このコンテンツは国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物により作成されています。
商用・非商用問わず、どなたでも自由にご利用いただけます。
当方へのご連絡も必要ありません。
コンテンツの取り扱いについては、国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物の利用規約に準じます。
詳しくは、国立国会図書館のホームページをご覧ください。
国立国会図書館ウェブサイトからのコンテンツの転載