冊子型のPDFファイルをダウンロードしていただけます。
プリントアウトの上、中央を山折りにし、端を綴じてご活用ください。

 

 

 

 

道明寺

世阿弥作


ワキ 僧尊性
シテ 宮人
ツレ 同じく。


シテ 白太夫
ツレ 天女

地は 河内
季は 九月

ワキ次第「善き光りぞと名を聞くや。〳〵。仏の御寺なるらん。
詞「かやうに候ふ者は。相模の国田代と申す所に。尊性と申す者にて候。我善光寺の如来に一七日参籠申して候へば。あらたに御霊夢を蒙りて候ふ程に。是より河内の国土師寺へ参らばやと思ひ候。
道行「捨てゝ早。久しかりつる世の中を。〳〵。又思ひ立つ旅衣。昨日の山を跡に見て。猶行く方は白雲の。海も見えたる西の空。夕日隠れの霧間より。流れも是や河内なる。土師の里にも着きにけり。〳〵。
シテ、ツレ一声「長月の。色も梢の秋を得て。照るや紅葉の土師の里。
ツレ「猶晴れ残る音とてや。
二人「松風ひとり時雨るらん。
シテサシ「是に出でたる老人は。此里の名も土師寺の。仏神に仕へ申す者なり。
二人「有難や利生はさま〴〵多けれども。わきて誓ひも陰高き。天満神の宮寺に。歩みを運ぶ御値遇。実に身を知れば心なき。我等が為めは頼もしや。
下歌「いざや歩みを運ばん。〳〵。
上歌「神さぶる。松は十かへり千代の秋。〳〵。霜を重ねて下草の。露の身ながらながらへて。神に仕へ奉る。宮路久しき瑞籬の。深き誓ひは有難や。〳〵。
ワキ詞「如何に是なる宮人に申すべき事の候。
シテ詞「此方の事にて候ふか何事にて候ふぞ。
ワキ「是は善光寺の如来の御夢想により。遥々当寺に参りて候。寺中の人に逢ひ申し。御夢想の様を語り申したく候。
シテ「不思議なる事を承り候ふ物かな。まづ御夢想の様を此老人に御物語り候へ。某承つて寺中の人々へ広め申し候ふべし。
ワキ「あら嬉しや候。さらば委しく申し候ふべし。寺中の人々に御広め候へ。
シテ「心得申し候。
ワキ「是は相模の国田代と申す所に。尊性と申す聖にて候ふが。我念仏往生の志有るにより。此度信濃の国善光寺へ参り。一七日参籠申す処に。如来御厨子の御戸を開き。香の衣に香の袈裟かけ給ひたる老僧の。あらたなる御声にて。汝念仏往生の志誠に懇なり。然らば五畿内河内の国土師寺は。天神の御在所なり。彼所の神明を始め奉り。七社の神々を勧請申されたり。又天神は一切衆生現当二世の為め。五部の大乗経を書き供養して埋まれたり。其軸より木槵樹の木生ひ出でたり。其木の実を取り数珠とし。念仏百万遍申さば。往生疑ひあるまじきと承つて夢覚めぬ。なんぼう有難き御夢想候ふぞ。
シテ「かゝる有難き御事こそ候はね。やがて寺中の人々に触れ申し候ふべし。まづ唯今仰せられ候ふ木槵樹を見せ申し候ふべし。此方へ御出で候へ。
ワキ「さらばやがて御供申し候ふべし。
シテ「是に神明を始め奉り。七社の神々をいはひ申され候。又此方なるは天神にて御座候。あれに見えたるこそ。唯今御物語り候ふ木槵樹にて候ふよく〳〵御拝み候へ。
ワキ詞「有難や神も仏も同一体とは申せども。天神同意の御結縁今始めて承り候。
ツレ「うたての聖の仰せやな。今に始めぬ天神の。弥陀一体の御値遇。天神と申すに其御本地。救世観音にてましまさずや。
ワキ「実に〳〵是は理なり。昔在霊山名法華。
シテ「今在西方名阿弥陀。
ワキ「娑婆示現観世音。
シテ「三世利益同一体。
ワキ「其外神や。
シテ「仏とは。
地「唯是れ水波の隔てにて。神仏一如なる寺の名の。道明らかに曇らぬ。神の宮寺ぞ尊き。有難し〳〵。実に神力も仏説も。同じ和光の影に来て。拝むぞ尊かりける。〳〵。
地クリ「それ仏の昔神の今。後五の時代に至るまで。神も濁世に応じ給ひて。暫く西都に移り給ふ。
シテサシ「如月下の五日にして。都を出でさせ給ひつゝ。
地「此土師の里に旅宿あつて。様々の御神物をとゞめ。末代値遇の御結縁。今に絶ゆる事なし。
シテ「かくても留まらぬ道のべの。
地「草葉の露もしをるゝばかり。
クセ「君が住む。宿の梢を行く〳〵も。隠るゝまでに。帰り見ぞするとの御詠め。留こそと知るぞかたじけなき。さてもいつしかに。ならはせ給はぬ旅の空。名におふ心筑紫とて。天ざかる鄙の国に。住まはせ給ひしかば。あたりは都府楼の瓦。観音寺の鐘の声。明暮に響く折々は。都の春秋を。思し召し出でぬ時はなし。
シテ「家をはなれて三四月。
地「落つる涙は百千行。万事は皆夢の如し。より〳〵彼蒼を期すといふ。其御心の至りにや。昨日は北闕に悲しみをかうぶつしたり。今日は西都に恥を清むる屍たりと。御神感あらたに。生きての恨み死しての悦び。普しや天満。陽感ぞめでたかりける。
ロンギ地「実に有難や草も木も。〳〵。皆成仏の木の実まで。玉を連ぬる光りかな。
シテ「枯れたる木にだにも。誓ひの花は咲くぞかし。ましてや面前木槵樹。花咲き実なる御覧ぜよ。
地「実にや花咲き実なるなる。梢の色もあらたにて。
シテ「法を称ふる理を。
地「思の玉の。
シテ「おのづから。
地「あの梢の木の実こそ。此数珠の御法なれ。必ず授け申さんとて。帰ると見れば立ち留りて。我は天神の御使。名をば誰とか白太夫の。神と申す翁草の。霜曇りしてけりや。霜曇りに失せにけり。(中入)
地「久堅の。天の岩戸の神遊び。今思ひ出も面白や。
地「舞楽の役役とり〴〵に。〳〵。琵琶琴和琴笛竹の。夜は更け行けども缶の役者。などや遅きぞ白太夫。急いで出でよと待ち給ふ。
後ジテ「月もかゝやく宮寺の。常の灯明々たり。
天女「如何に白太夫の神。七社の御前に韓神催馬楽。うたふや缶笏拍子の。役とは知らずや白太夫。
シテ詞「仰せは重く候へども。既に名にだに白太夫が。星霜積る老が身の。役をば免し給ふべし。
ツレ「いやとよ其役定まりたり。急いで役をなすべきなり。
シテ「さては辞すとも叶ふまじ。さて其役は。
ツレ「韓神催馬楽。
シテ「庭火の影や。
ツレ「朱の玉垣。
地「かゝやける其中に。白太夫が小忌の袖より。取るや笏拍子とう〳〵と。打つも寄るも老の波の。雪の白太夫が。缶の笏拍子は面白や。(楽)
シテ「唯今かなづる舞歌の曲。
地「唯今かなづる舞歌の曲。七徳双調七拍子。膝を屈して仏を敬ひ。さす腕には魔縁を払ひ。をさむる手には寿福を招き。千秋楽には民を養ひ。万歳楽には命を延ぶる。法の筵を敷妙の。枕は袂。上は尊き木槵樹の。梢に翔りて降るや一味の。雨風をそゝぎて枝々より。木の実を振ひ落して。彼尊性に与へつゝ。これこそ思の玉を貫く。数は百八煩悩の。数は百八煩悩を。かたどる数珠の。道明寺の鐘鼓に。神楽の夢は覚めにけり。

底本:国立国会図書館デジタルコレクション『謡曲評釈 第四輯』大和田建樹 著

このコンテンツは国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物により作成されています。
商用・非商用問わず、どなたでも自由にご利用いただけます。
当方へのご連絡も必要ありません。
コンテンツの取り扱いについては、国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物の利用規約に準じます。
詳しくは、国立国会図書館のホームページをご覧ください。
国立国会図書館ウェブサイトからのコンテンツの転載