冊子型のPDFファイルをダウンロードしていただけます。
プリントアウトの上、中央を山折りにし、端を綴じてご活用ください。

 

 

 

 


観世小次郎作


ワキ 旅僧
シテ 里女


ワキ 前に同じ。
シテ 巴

地は 近江
季は 正月

ワキ次第「行けば深山もあさもよい。〳〵。木曽路の旅に出でうよ。
詞「是は木曽の山家より出でたる僧にて候。我いまだ都を見ず候ふ程に。此度思ひ立ち都に上り候。
道行「旅衣。木曽の御坂を遥々と。〳〵。思ひ立つ日も美濃尾張。定めぬ宿の暮ごとに。夜を重ねつゝ日を添へて。行けば程なく近江路や。鳰の海とは是かとよ。〳〵。
詞「急ぎ候ふ程に。江州粟津の原とやらんに着きて候。此所に暫く休らはゞやと思ひ候。
シテサシ「おもしろや鳰の浦波しづかなる。粟津の原の松陰に。神を祝ふや政事。実に神感も頼もしや。
ワキ詞「不思議やな是なる女性の神に参り。涙を流し給ふ事。返す〴〵も不審にこそ候へ。
シテ「御僧は自らが事を仰せ候ふか。
ワキ「さん候神に参り涙を流し給ふ事を不審申して候。
シテ「おろかと不審し給ふや。伝へ聞く行教和尚は。宇佐八幡に詣で給ひ一首の歌に曰く。何事のおはしますとは知らねども。
詞「忝なさに涙こぼるゝと。かやうに詠じ給ひしかば。神もあはれとや思しめされけん。御衣の袂に御影をうつし。それより都男山に誓ひを示し給ひ。国土安全を守り給ふ。おろかと不審し給ふぞや。
ワキ「やさしやな女性なれども此里の。都に近き住居とて。名にし負ひたるやさしさよ。
シテ詞「さて〳〵御僧の住み給ふ。在所は何処の国やらん。
ワキ「是は信濃の国木曽の山家の者にて候。
シテ「木曽の山家の人ならば。粟津が原の神の御名を。問はずは如何で知り給ふべき。是こそ御身の住み給ふ。木曽義仲の御在所。同じく神と祝はれ給ふ。拝み給へや旅人よ。
ワキ「不思議やさては義仲の。神とあらはれ此所に。いまし給ふは有難さよと。神前に向ひ手を合はせ。
地「古への。是こそ君よ名は今も。〳〵。有明月の義仲の。仏と現じ神となり。世を守り給へる。誓ひぞ有難かりける。旅人も一樹の陰。他生の縁とおぼしめし。此松が根に旅居し。夜もすがら経を読誦して。五衰をなぐさめ給ふべし。有難き値遇かな。実に有難き値偶かな。さる程に。暮れて行く日も山の端に。入相の鐘の音の。浦わの波に響きつゝ。いづれも物すごきをりふしに。我も亡者の来りたり。其名をいづれとも。知らずは此里人に。問はせ給へと夕暮の。草のはつかに入りにけり。〳〵。(中入)
ワキ歌「露をかたしく草枕。〳〵。日も暮れ夜にもなりしかば。粟津が原のあはれ世の。亡き影いざや弔はん。〳〵。
後ジテ「落花空しきを知る。流水心なうしておのづから。澄める心はたらちねの。
地「罪も報いも因果の苦しみ。今は浮まん御法の功力に。草木国土も成仏なれば。況んや生ある直道の弔ひ。彼是いづれも頼もしや。頼もしやあら有難や。
ワキ「不思議やな粟津が原の草枕を。見れば有りつる女性なるが。甲胄を帯する不思議さよ。
シテ詞「なか〳〵に巴と言ひし女武者。女とて御最期に。召し具せざりし其恨み。
ワキ「執心のこつて今までも。
シテ「君辺に仕へ申せども。
ワキ「恨みはなほも。
シテ「荒磯海の。
地「粟津の汀にて。波の討死すゑまでも。御供申すべかりしを。女とて御最期に。捨てられ参らせし恨めしや。身は恩のため。命は義による理。誰か白真弓取の身の。最期に臨んで。功名を惜しまぬ者やある。
クセ「さても義仲の。信濃を出でさせ給ひしは。五万余騎の御勢。鑣をならべ攻め上る。礪波山や倶利伽羅。志保の合戦に於ても。分捕高名の其数。誰に面を越され。誰におとる振舞の。なき世がたりに。名ををし思ふ心かな。
シテ「されども時刻の到来。
地「運槻弓の引く方も。渚に寄する粟津野の。草の露霜と消え給ふ。所はこゝぞ御僧達。同所の人なれば。順縁に弔はせ給へや。
ロンギ地「さて此原の合戦にて。討たれ給ひし義仲の。最期を語りおはしませ。
シテ「頃は正月の空なれば。
地「雪はむら消えに残るを。たゞ通路と汀をさして。駒をしるべに落ち給ふが。薄氷の深田に駆け込み。弓手も馬手も鐙は沈んで。下り立たん便りもなくて。手綱にすがつて鞭を打てども。引く方も渚の浜なり。前後を忘じて扣へ給へり。こは如何にあさましや。かゝりし処に。自ら駆けよせて見奉れば。重手は負ひ給ひぬ。乗替に召させ参らせ。此松原に御供し。はや御自害候へ。巴も共と申せば。其時義仲の仰せには。汝は女なり。忍ぶ便りも有るべし。是なる守小袖を。木曽に届けよ此旨を。背かば主従。三世の契り絶えはて。永く不興とのたまへば。巴はともかくも。涙にむせぶばかりなり。
地「かくて御前を立ち上り。見れば敵の大勢。あれは巴か女武者。余すな漏らすなと。敵手繁くかゝれば。今は引くとも遁るまじ。いで一軍うれしやと。巴少しも騒がず。わざと敵を近くなさんと。長刀引きそばめ。少し恐るゝけしきなれば。敵は得たりと切つて懸かれば。長刀柄ながくおつ取りのべて。四方を払ふ八方払ひ。一所に当るを木の葉返し。嵐も落つるや花の滝波。枕をたゝんで戦ひければ。皆一方に切り立てられて。跡も遥に見えざりけり。〳〵。
シテ「今は是までなりと。
地「立ち帰り我君を。見奉れば痛はしや。はや御自害候ひて。此松が根に伏し給ひ。御枕のほどに御小袖。肌の守を置き給ふを。巴なく〳〵賜はりて。死骸に御暇申しつつ。行けども悲しや行きやらぬ。君の名残を如何にせん。とは思へどもくれ〴〵の。御遺言の悲しさに。粟津の汀に立ち寄り。上帯切り。物の具心静に脱ぎ置き。梨打烏帽子同じく。かしこに脱ぎ捨て。御小袖を引きかづき。其際までの佩添の。小太刀を衣に引きかくし。処はこゝぞ近江なる。信楽笠を木曽の里に。涙と巴はたゞひとり。落ち行きしうしろめたさの。執心を弔ひて給び給へ。〳〵。

底本:国立国会図書館デジタルコレクション『謡曲評釈 第二輯』大和田建樹 著

このコンテンツは国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物により作成されています。
商用・非商用問わず、どなたでも自由にご利用いただけます。
当方へのご連絡も必要ありません。
コンテンツの取り扱いについては、国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物の利用規約に準じます。
詳しくは、国立国会図書館のホームページをご覧ください。
国立国会図書館ウェブサイトからのコンテンツの転載