冊子型のPDFファイルをダウンロードしていただけます。
プリントアウトの上、中央を山折りにし、端を綴じてご活用ください。

 

 

 

 

富士太鼓

世阿弥作

ワキ 官人
シテ 富士の妻
ヒメ 富士の娘
狂言 侍者

地は 京都
季は 秋

ワキ詞「是は萩原の院に仕へ奉る臣下なり。さても内裏に七日の管絃の御座候ふにより。天王寺より浅間と申す楽人。是は並びなき太鼓の上手にて候ふを召し上せられ。太鼓の役を仕り候ふ所に。又住吉より富士と申す楽人。是も劣らぬ太鼓の上手にて候ふが。管絃の役を望み罷り上りて候。此由きこしめされ。富士浅間何れも面白き名なり。去りながら古き歌に。信濃なる浅間の嶽も燃ゆるといへば。富士の煙のかひや無からんと聞く時は。名こそ上なき富士なりとも。あつぱれ浅間は増さうずる物をと勅諚有りしにより。重ねて富士と申す者もなく候。去る程に浅間此由を聞き。にくき富士が振舞かなとて。彼宿所に押しよせ。あへなく富士を討つて候。まことに不便の次第にて候。定めて富士が縁の無きことは候ふまじ。もし尋ね来りて候はゞ。形見を遣はさばやと存じ候。
次第二人「雲の上なほ遥なる。〳〵。富士の行方を尋ねん。
シテサシ「是は津の国住吉の楽人。富士と申す人の妻や子にて候。さても内裏に七日の管絃のましますにより。天王寺より楽人めされ参る由を聞き。妾が夫も太鼓の役。
二人「世に隠れ無ければ。望み申さん其為めに。都へのぼりし夜の間の夢。心にかゝる月の雨。
下歌「身を知る袖の涙かと。明かしかねたる夜もすがら。
上歌「寐られぬまゝに思ひ立つ。〳〵。雲井やそなた故郷は。跡なれや住吉の。松のひまより詠むれば。月落ちかゝる山城も。はや近づけば笠をぬぎ。八幡に祈り掛帯の。結ぶ契りの夢ならで。うつゝに逢ふや男山。都にはやく着きにけり。〳〵。
シテ詞「急ぎ候ふ程に。都に着きて候。此所にて富士の御行方を尋ねばやと存じ候。いかに案内申し候。
狂言「シカ〳〵。
シテ「是は富士がゆかりの者にて候。富士に引き合はせられて賜はり候へ。
狂言「シカ〳〵。
ワキ詞「富士がゆかりと申すは何くにあるぞ。
シテ「これに候。
ワキ「さて是は富士が為め何にて有るぞ。
女「恥かしながら妻や子にて候。
ワキ「なう富士は討たれて候ふよ。
シテ「何と富士は討たれたると候ふや。
ワキ「中々の事富士は浅間に討たれて候。
シテ「さればこそ思ひ合はせし夢の占。重ねて問はゞ中々に。浅間に討たれ情なく。
地「さしも名高き富士はなど。煙とは為りぬらん。今は歎くに其かひも。なき跡に残る思子を。見るからにいとゞ猶。すゝむ涙はせきあへず。
ワキ詞「今は歎きてもかひなき事にて有るぞ。是こそ富士が舞の装束候ふよ。夫れ人の嘆には。形見に過ぎたる事あらじ。是を見て心を慰め候へ。
シテ「今までは行方も知らぬ都人の。妾を田舎の者と思召して。偽り給ふと思ひしに。誠にしるき鳥甲。月日もかはらぬ狩衣の。疑ふ所も有らばこそ。痛はしや彼人出で給ひし時。みづから申すやう。天王寺の楽人は召しにて上りたり。御身は勅諚なきに。押して参れば下として。上を量るに似たるべし。其うへ御身は当社地給の楽人にて。明神に仕へ申すうへは。何の望みの有るべきぞと申しゝを。知らぬ顔にて出で給ひし。
下歌地「其面影は身に添へど。まことの主は亡きあとの。忘形見ぞよしなき。
上歌「兼ねてより。かく有るべきと思ひなば。〳〵。しうこうが手を出だし。はんらうが涙にても。留むべき物を今更に。神ならぬ身を恨みかこち。歎くぞあはれなる。歎くぞあはれなりける。
シテ詞「あら恨めしや如何に姫。あれに夫の敵の候ふぞやいざ討たう。
姫「あれは太鼓にてこそ候へ。思ひのあまりに御心乱れ。筋なき事を仰せ候ふぞや。あら浅ましや候。
シテ「うたての人の言ひごとや。あかで別れし我夫の。失せにし事も太鼓故。たゞ恨めしきは太鼓なり。夫の敵よいざ打たう。
姫「げに理なり父御前に。別れし事も太鼓故。さあらば親の敵ぞかし。打ちて恨みを晴らすべし。
シテ「妾が為めには夫の敵。いざやねらはん諸共に。
姫「男の姿狩衣に。物の具なれや鳥甲。
シテ「恨みの敵討ちをさめ。
姫「鼓を苔に。
シテ「埋まんとて。
地「寄するや鬨の声立てゝ。秋の風より冷ましや。
シテ「打てや〳〵と攻鼓。
地「あらさてこりの泣く音やな。
地「なほも思へば腹たちや。〳〵。化したる姿に引きかへて。心言葉も及ばれぬ。富士が幽霊きたると見えて。よしなの恨みや。もどかしと太鼓打ちたるや。(楽)
シテ「持ちたる撥をば剣と定め。
地「持ちたる撥をば剣と定め。嗔恚の焰は太鼓の烽火の。天にあがれば雲の上人。誠に富士おろしに。絶えず揉まれて裾野の桜。四方へばつと散るかと見えて。花衣さす手も引く手も。伶人の舞なれば。太鼓の役は本より聞ゆる。名の下空しからず。たぐひなやなつかしや。
ロンギ地「げにや女人の悪心は。煩悩の雲晴れて。五常楽を打ち給へ。
シテ「修羅の太鼓は打ちやみぬ。此君の御いのち。千秋楽と打たうよ。
地「さてまた千代や万代と。民も栄えて安穏に。
シテ「太平楽を打たうよ。
地「日も既に傾きぬ。〳〵。山の端をながめやりて。招きかへす舞の手の。うれしや今こそは。思ふ敵は打ちたれ。打たれて音をや出だすらん。我には晴るゝ胸の煙。富士が恨みを晴らせば。涙こそ上なかりけれ。
地「是までなりや人々よ。〳〵。暇申してさらばと。伶人の姿鳥甲。皆ぬぎすてゝ我心。みだれ笠みだれ髪。斯かる思ひは忘れじと。また立ちかへり太鼓こそ。憂き人の形見なりけれと。見置きてぞ帰りける。跡見置きてぞ帰りける。

底本:国立国会図書館デジタルコレクション『謡曲評釈 第六輯』大和田建樹 著

このコンテンツは国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物により作成されています。
商用・非商用問わず、どなたでも自由にご利用いただけます。
当方へのご連絡も必要ありません。
コンテンツの取り扱いについては、国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物の利用規約に準じます。
詳しくは、国立国会図書館のホームページをご覧ください。
国立国会図書館ウェブサイトからのコンテンツの転載