冊子型のPDFファイルをダウンロードしていただけます。
プリントアウトの上、中央を山折りにし、端を綴じてご活用ください。

 

 

 

 

六浦

左阿弥作


ワキ 都の僧
シテ 里女


ワキ 前に同じ。
シテ 楓の精

地は 武蔵
季は 九月

ワキ次第「思ひやるさへ遥かなる。〳〵。東の旅に出でうよ。
詞「是は洛陽の辺りより出でたる僧にて候。我いまだ東国を見ず候ふ程に。此秋思ひ立ち陸奥の果までも修行せばやと思ひ候。
道行「逢坂の。関の杉村過ぎがてに。〳〵。ゆくへも遠き湖の。舟路を渡り山を越え。幾夜な〳〵の草枕。明け行く空も星月夜。鎌倉山を越え過ぎて。六浦の里に着きにけり。〳〵。
ワキ詞「千里の行も一歩より起るとかや。はる〴〵と思ひ候へども。日を重ねて急ぎ候ふ程に。是はゝや相模の国六浦の里に着きて候。此渡りをして安房の清澄へ参らうずるにて候。又あれに由ありげなる寺の候ふを人に問へば。六浦の称名寺とかや申し候ふ程に。立ちより一見せばやと思ひ候。なふ〳〵御覧候へ山々の紅葉今を盛と見えて。さながら錦をさらせる如くにて候。都にもかやうの紅葉の候ふべきか。また是なる本堂の庭に楓の候ふが。木立余の木に勝れ。唯夏木立の如くにて。一葉も紅葉せず候。如何さま謂のなき事は候ふまじ。人来りて候はゞ尋ねばやと思ひ候。
シテ詞「なふ〳〵御僧は何事を仰せ候ふぞ。
ワキ詞「さん候是は都より始めて此所一見の者にて候ふが。山々の紅葉今を盛と見えて候ふに。是なる楓の一葉も紅葉せず候ふ程に。不審をなし候。
シテ「げによく御覧じとがめて候。いにしへ鎌倉の中納言為相の卿と申しゝ人。紅葉を見んとて此所に来り給ひし時。山々の紅葉いまだなりしに。此木一本に限り紅葉色深くたぐひなかりしかば。為相の卿とりあへず。如何にして此一本に時雨れけん。山にさきだつ庭のもみぢ葉と詠じ給ひしより。今に紅葉をとゞめて候。
ワキ「おもしろの御詠歌やな。われ数ならぬ身なれども。手向の為めにかくばかり。旧りはつる此一本の跡を見て。袖のしぐれぞ山にさきだつ。
シテ詞「あら有難の御手向やな。いよ〳〵此木の面目にてこそ候へ。
ワキ「さて〳〵先に為相の卿の御詠歌より。今に紅葉をとゞめたる。謂は如何なる事やらん。
シテ「実に御不審は御理り。さきの詠歌に預かりし時。此木心に思ふやう。かゝる東の山里の。人も通はぬ古寺の庭に。われ先だちて紅葉せずは。いかで妙なる御詠歌にも預かるべき。功成り名遂げて身退くは。是れ天の道なりといふ古き言葉を深く信じ。今に紅葉をとゞめつつ。唯常盤木の如くなり。
ワキ「是は不思議の御事かな。此木の心をかほどまで。しろしめしたる御身はさて。如何なる人にてましますぞ。
シテ「今は何をか包むべき。我は此木の精なるが。御僧たつとくまします故に。唯今顕はれ来りたり。今宵はこゝに旅居して。夜もすがら御法を説き給はゞ。重ねて姿を見え申さんと。
地「夕べの空も冷ましく。此古寺の庭の面。霧の籬の露深き。千草の花をかき分けて。ゆくへも知らずなりにけり。〳〵。(中入)
ワキ歌「所から。心にかなふ称名の。〳〵。御法の声も松風も。はや更け過ぐる秋の夜の。月澄み渡る庭の面。寐られんものかおもしろや。〳〵。
後ジテ「あら有難の御弔ひやな。妙なる値遇の縁にひかれて。二度こゝに来りたり。夢ばしさまし給ふなよ。
ワキ「不思議やな月澄みわたる庭の面に。有りつる女人とおぼしくて。影の如くに見え給ふぞや。草木国土悉皆成仏の。此妙文を疑ひ給はで。なほ〳〵昔を語り給へ。
シテクリ「夫れ四季をり〳〵の草木。おのれ〳〵の時を得て。
地「花葉さま〴〵の其姿を。心なしとは誰かいふ。
シテサシ「夫れ青陽の春の初め。
地「色香たへなる梅が枝の。かつ咲きそめて諸人の。心や春になりぬらん。
シテ「又は桜の花盛。
地「唯雲とのみ三吉野の。千本の花にしくはなし。
クセ「月日経て。移れば変はる詠めかな。桜は散りし庭の面に。咲きつゞく卯の花の。垣根や雪にまがふらん。時移り夏暮れ。秋も半になりぬれば。空定めなき村時雨。きのふは薄きもみぢ葉も。露しぐれ洩る山は。下葉残らぬ色とかや。
シテ「さるにても。東の奥の山里に。
地「あからさまなる都人の。あはれも深き言の葉の。露の情にひかれつゝ。姿をまみえ数々に。言葉をかはす値遇の縁。深き御法を授けつゝ。仏果を得しめ給へや。
シテ「更け行く月の夜遊をなし。
地「色なき袖をやかへさまし。(序の舞)
シテ「秋の夜の。千夜を一夜に重ねても。
地「言葉のこりて鳥や鳴かまし。
シテ「八声の鳥も数々に。
地「八声の鳥も数々に。鐘も聞ゆる。
シテ「明方の空の。
地「所は六浦の浦風山風。吹きしをり吹きしをり。散るもみぢ葉の月に照り添ひて。唐紅の庭の面。明けなば恥かし。暇申して帰る山路に。行くかと思へば木の間の月の。〳〵。かげろふ姿となりにけり。

底本:国立国会図書館デジタルコレクション『謡曲評釈 第四輯』大和田建樹 著

このコンテンツは国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物により作成されています。
商用・非商用問わず、どなたでも自由にご利用いただけます。
当方へのご連絡も必要ありません。
コンテンツの取り扱いについては、国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物の利用規約に準じます。
詳しくは、国立国会図書館のホームページをご覧ください。
国立国会図書館ウェブサイトからのコンテンツの転載