冊子型のPDFファイルをダウンロードしていただけます。
プリントアウトの上、中央を山折りにし、端を綴じてご活用ください。

 

 

 

 

室君

ワキ 明神の神職
狂言 神職の下人
ツレ 室君
シテ(謡なし) 明神の神霊

地は 播磨
季は 春

ワキ詞「是は播州室の明神に仕へ申す神職の者にて候。さても天下泰平の折節なれば。室君たちを船に載せ。囃物をして神前にまゐる御神事の候。いま此時もめでたき御代なれば。急ぎ御神事を執りおこなはゞやと存じ候。いかに誰かある。
狂言「御前に候。
ワキ詞「いそぎ室君たちに神前へ御参りあれと申し候へ。
狂言「畏つて候。
ツレ「室の海。
地「室の海。波ものどけき春の夜の。月の御舟に棹さして。霞む空は面白やな。霞む空は面白や。
ツレ「梅が香の。
地「梅が香の。磯山遠く匂ふ夜は。出船も心ひく。花ぞ綱手なりける。此花ぞ綱手なりける。
ワキ詞「近頃めでたき御事にて候。又こと〴〵く棹を御さし候ふほどに。棹の歌を御うたひ候へ。
ツレ「棹の歌。うたふ浮世の一節を。
地「うたふ浮世の一節を。夕波千鳥こゑそへて。友よびかはす海士乙女。恨みぞまさる室君の。行く船や慕ふらん。朝妻船とやらんは。それは近江の海なれや。我も尋ね尋ねて。恋しき人に近江の。海山も隔たるや。あぢきなや浮舟の。棹の歌をうたはん。水馴棹の歌うたはん。
クセ「裁ち縫はぬ。衣着し人もなき物を。何山姫の布さらすらん。佐保の山風のどかにて。日影も匂ふ天地の。開けしもさしおろす。棹のしたゞりなるとかや。
ツレ「然れば春すぎ夏たけて。
地「秋すでに暮れ行くや。時雨の雲のかさなりて。峰白妙に降りつもる。越路の雪の深さをも。知るやしるしの棹たてゝ。豊年月の行末を。はかるも棹の歌。歌ひていざや遊ばん。
ワキ詞「いかに申し候。かゝるめでたき折節に。そと御神楽を参らせられ候へ。
ツレ詞「さらば御神楽を参らせうずるにて候。こゝとても。室山かげの神垣の。
地「加茂の宮居はありがたや。(神楽)
ツレ「月影の。
地「月かげの。更けゆくまゝに風をさまれば。不思議や異香薫じつゝ。和光の垂迹。韋提希夫人の。姿をあらはしおはします。(中の舞)
地「玉のかんざし羅綾のたもと。〳〵。風にたなびく瑞雲に乗じ。所は室の海なれや。山はのぼりて。上求菩提の機をすすめ。海は下りて。下化衆生の相をあらはし。五濁の水は。実相無漏の大海となつて。花ふり異香くんじつゝ。相好まことに肝にめいじ。感涙袖をうるほせば。はや明けゆくや春の夜の。はや明方の雲にのりて。虚空にあがらせ給ひけり。

底本:国立国会図書館デジタルコレクション『謡曲評釈 第四輯』大和田建樹 著

このコンテンツは国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物により作成されています。
商用・非商用問わず、どなたでも自由にご利用いただけます。
当方へのご連絡も必要ありません。
コンテンツの取り扱いについては、国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物の利用規約に準じます。
詳しくは、国立国会図書館のホームページをご覧ください。
国立国会図書館ウェブサイトからのコンテンツの転載