冊子型のPDFファイルをダウンロードしていただけます。
プリントアウトの上、中央を山折りにし、端を綴じてご活用ください。

 

 

 

 

遊行柳

観世小次郎作


ワキ 遊行上人
シテ 老人


ワキ 前に同じ。
シテ 柳の精

地は 陸奥
季は 秋

ワキ次第「帰るさ知らぬ旅衣。〳〵。法に心や急ぐらん。
詞「是は諸国遊行の聖にて候。我一遍上人の教へを受け。遊行の利益を六十余州に弘め。六十万人決定往生の御札を普く衆生にあたへ候。此程は上総の国に候ひしが。是より奥へと志し候。
道行「秋津洲の。国々めぐる法の道。〳〵。迷はぬ月も光添ふ。心の奥を白河の。関路と聞けば秋風も。立つ夕霧の何くにか。今宵は宿を狩衣。日も夕暮になりにけり。〳〵。
詞「急ぎ候ふ程に。音にきゝし白河の関をも過ぎぬ。又是にあまた道の見えて候。広き方へゆかばやと思ひ候。
シテ詞「なふ〳〵遊行上人の御供の人に申すべき事の候。
ワキ詞「遊行の聖とは札の御所望にて候ふか。老足なりともいま少し急ぎたまへ。
シテ「有難や御札をも賜はり候ふべし。まづ先年遊行の御下向の時も。古道とて昔の街道を御通り候ひしなり。されば昔の道を教へ申さんとて。はる〴〵是までまゐりたり。
ワキ「不思議やさては先の遊行も。此道ならぬ古道を。通りし事の有りしよなふ。
シテ「昔は此道なくして。あれに見えたる一村の。森のこなたの河岸を。御通りありし街道なり。其上朽木の柳とて名木あり。かゝる尊き上人の。御法の声は草木までも。成仏の縁ある結縁たり。
下歌地「こなたへ入せたまへとて。老いたる馬にはあらねども。道しるべ申すなり。いそがせ給へ旅人。
上歌「げにさぞな処から。〳〵。人跡たえて荒れはつる。葎蓬生刈萱も。乱れあひたる浅茅生や。袖に朽ちにし秋の霜。露分衣来て見れば。昔を残す古塚に。朽木の柳枝さびて。影踏む道は末もなく。風のみ渡るけしきかな。〳〵。
シテ詞「是こそ昔の街道にて候へ。又是なる古塚の上なるこそ朽木の柳にて候ふよく〳〵御覧候へ。
ワキ詞「さては此塚の上なるが名木の柳にて候ひけるぞや。げに川岸も水絶えて。河そひ柳朽ち残る。老木はそれとも見えわかず。蔦葛のみ這ひかゝり。青苔梢を埋む有様。誠に星霜年旧りたり。さていつの世よりの名木やらん。くはしく語り給ふべし。
シテ「昔の人の申しおきしは。鳥羽の院の北面。佐藤兵衛憲清出家し。西行と聞えし歌人。此国に下り給ひしが。頃は水無月半なるに。此河岸の木のもとに。暫し立ちより給ひつゝ。一首を詠じ給ひしなり。
ワキ「謂を聞けば面白や。さて〳〵西行上人の。詠歌はいづれの言の葉やらん。
シテ「六時不断の御勤めの。隙なき内にも此集をば。御覧じけるか新古今に。
地「道のべに。清水ながるゝ柳陰。〳〵。しばしとてこそ立ちどまり。涼みとる言の葉の。末の世々までも。残る老木はなつかしや。かくて老人上人の。御十念を賜はり。御前を立つと見えつるが。朽木の柳の古塚に。寄るかと見えて失せにけり。〳〵。(中入)
ワキ詞「不思議やさては朽木の柳の。我に詞をかはしけるよと。
歌「思ひの珠の数々に。〳〵。御法をなして称名の。声打ち添ふる初夜の鐘。月も曇らぬ夜もすがら。露をかたしく袂かな。〳〵。
シテ「沅水羅紋海燕かへる。柳条恨みを牽いて荊台に至る。徒に。朽木の柳時を得て。
地「今ぞ御法に合竹の。
シテ「直にみちびく弥陀の教へ。
地「衆生称念必得往生の。功力にひかれて草木までも。仏果に至る老木の柳の。髪も乱るゝ白髪の老人。忽然と顕はれ出でたる烏帽子も。柳さびたる有様なり。
ワキ「不思議やなさも古塚の草深き。朽木の柳の木の本より。其様化したる老人の。烏帽子狩衣を着しつゝ。顕はれ給ふは不審なり。
シテ詞「何をか不審し給ふらん。はや我姿は顕はし衣の。日も夕暮の道しるべせし。其老人にて候ふなり。
ワキ「さては昔の道しるべせし。人は朽木の柳の精。
シテ「御法の教へなかりせば。非情無心の草木の。台に到る事あらじ。
ワキ「中々なりや一念十念。
シテ「唯一声の内に生るゝ。
ワキ「弥陀の教へを。
シテ「身に受けて。
地「此界一人念仏名。西方便有一蓮生。但使一生常不退。此花帰つてこゝに向ひ。上品上生に。至らん事ぞうれしき。
シテ「釈迦すでに滅し。弥勒いまだ生ぜず。弥陀の悲願を頼まずは。いかで仏果に至るべき。
地クリ「南無や灑濁帰命頂礼。本願偽りましまさず。超世の悲願に身を任せて。他力の船に法の道。
シテサシ「すなはち彼岸に至らん事。一葉の船の力ならずや。彼黄帝の貨狄が心。聞くや秋吹く風の音に。散りくる柳の一葉の上に。蜘蛛の乗りてさゝがにの。糸引き渡る姿より。たくみ出だせる船の道。これも柳の徳ならずや。
シテ「其外玄宗華清宮にも。
地「宮前の楊柳寺前の花とて。詠め絶えせぬ名木たり。
クセ「そのかみ洛陽や。清水寺の古へ。五色に見えし滝浪を。尋ねのぼりし水上に。金色の光さす。朽木の柳忽に。楊柳観音とあらはれ。今に絶えせぬあととめて。利生あらたなる。歩みをはこぶ霊地なり。されば都の花盛。大宮人の御遊にも。蹴鞠の庭の面。四本の木陰枝たれて。暮に数ある沓の音。
シテ「柳桜をこきまぜて。
地「錦をかざる諸人の。花やかなるや小簾の隙。洩りくる風の匂ひより。手飼の虎の引綱も。ながき思ひに楢の葉の。其柏木の及びなき。恋路もよしなしや。是は老いたる柳色の。狩衣も風折も。風にたゞよふ足もとの。弱きもよしや老木の柳。気力なうして弱々と。立ち舞ふも夢人を。現と見るぞはかなき。
シテ「教嬉しき法の道。
地「迷はぬ月につれてゆかん。(序の舞)
シテ「青柳に。鶯伝ふ羽風の舞。
地「柳花苑とぞ思ほえにける。
シテ「柳の曲も歌舞の菩薩の。舞の袂をかへす〴〵も。上人の御法を受け。よろこぶ報謝の舞も。是までなりと名残の涙の。
地「玉にも貫ける春の柳の。
シテ「暇申さんと木綿附の鳥も鳴き。
地「別れの曲には。
シテ「柳条を綰ぬ。
地「手折るは青柳の。
シテ「姿もたをやかに。
地「結ぶは老木の。
シテ「枝もすくなく。
地「今年ばかりの風や厭はんと。たゞよふ足もとも。よろ〳〵よわ〳〵と。倒れ臥柳。仮寝の床の。草の枕の一夜のちぎりも。他生の縁ある上人の御法。西吹く秋の風打ち払ひ。露も木の葉も散り〴〵に。露も木の葉も散り〴〵になり果てゝ。残る朽木となりにけり。

底本:国立国会図書館デジタルコレクション『謡曲評釈 第七輯』大和田建樹 著

このコンテンツは国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物により作成されています。
商用・非商用問わず、どなたでも自由にご利用いただけます。
当方へのご連絡も必要ありません。
コンテンツの取り扱いについては、国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物の利用規約に準じます。
詳しくは、国立国会図書館のホームページをご覧ください。
国立国会図書館ウェブサイトからのコンテンツの転載