冊子型のPDFファイルをダウンロードしていただけます。
プリントアウトの上、中央を山折りにし、端を綴じてご活用ください。

 

 

 

 

養老

世阿弥作


ワキ 勅使
シテ 樵の翁
ツレ 翁の子


シテ 山神

地は 美濃
季は 夏

ワキ次第「風も静に楢の葉の。〳〵。鳴らさぬ枝ぞのどけき。
詞「抑是は雄略天皇に仕ヘ奉る臣下なり。さても濃州本巣の郡に。不思議なる泉出でくる由を奏聞す。急ぎ見て参れとの宣旨に任せ。唯今濃州本巣の郡へと急ぎ候。
道行「治まるや。国富み民も豊かにて。〳〵。四方に道ある関の戸の。秋津島根や天ざかる。鄙の境に名を聞きし。美濃の中道ほどなく。養老の滝に着きにけり。〳〵。
シテ、ツレ一声「年を経し。美濃の御山の松陰に。猶澄む水の緑かな。
ツレ「通ひなれたる老の坂。
二人「行く事安き心かな。
シテサシ「故人眠り早く覚めて。夢は六十の花に過ぎ。
二人「心は茅店の月に嘯き。身は板橋の霜に漂ひ。白頭の雪は積れども。老を養ふ滝川の。水や心を清むらん。
下歌「奥山の。深谷の下のためしかや。流れを汲むとよも絶えじ。〳〵。
上歌「長生の家にこそ。〳〵。老せぬ門はあるなるに。是も年ふる山住の。千世のためしを松陰の。岩井の水は薬にて。老を延べたる心こそ。猶行く末も久しけれ。〳〵。
ワキ詞「いかに是なる老人に尋ぬべき事の候。
シテ詞「此方の事にて候ふか何事にて候ふぞ。
ワキ「お事は聞き及びたる親子の者か。
シテ「さん候是こそ親子の者にて候へ。
ワキ「是は帝よりの勅使にてあるぞとよ。
シテ「ありがたや雲井遥かに見そなはす。我大君の詔を。賤しき身として今承る事のありがたさよ。是こそ親子の民にて候へ。
ワキ「さても此本巣の郡に。不思議なる泉出でくる由を奏聞す。急ぎ見て参れとの宣旨に任せ。是まで勅使を下さるゝなり。先々養老と名づけ初めし。謂を委しく申すべし。
シテ「さん候是に候ふは此尉が子にて候ふが。朝夕は山に入り薪を採り。我らをはごくみ候ふ処に。ある時山路の労れにや。此水を何となく結びて飲めば。世のつねならず心も涼しく労れも助かり。
ツレ「さながら仙家の薬の水も。かくやと思ひ知られつゝ。やがて家路に汲み運び。父母に是をあたふれば。
シテ「飲む心よりいつしかに。やがて老をも忘水の。
ツレ「朝寐の床も起き憂からず。
二人「夜の寐覚もさびしからで。勇む心は真清水の。絶えずも老を養ふ故に。養老の滝とは申すなり。
ワキ「げに〳〵聞けばありがたや。さて〳〵今の薬の水。此滝川の内にても。とりわき在所のあるやらん。
シテ「御覧候へ此滝壺の。少し此方の岩間より。出でくる水の泉なり。
ワキ「さては是かと立ちより見れば。実に潔き山の井の。
シテ「底すみわたるさゞれ石の。巌となりて苔のむす。
ワキ「千代に八千代のためしまでも。
シテ「まのあたりなる薬の水。
ワキ「誠に老を。
シテ「養ふなり。
地「老をだに養はゞ。まして盛の人の身に。薬とならばいつまでも。御寿命も尽きまじき。泉ぞめでたかりける。実にや玉水の。水上すめる御代ぞとて。流れの末の我らまで。豊かにすめる嬉しさよ。〳〵。
地クリ「実にや尋ねても。蓬が島の遠き世に。今のためしも生薬。水また水はよも尽きじ。
シテサシ「夫れ行く川の流れは絶えずして。しかも本の水にはあらず。
地「流れに浮ぶうたかたは。かつ消えかつ結んで。久しく澄める色とかや。
シテ「殊にげに是はためしも夏山の。
地「下行く水の薬となる。奇瑞を誰か習ひ見し。
下歌「いざや水を結ばん。いざ〳〵水を結ばん。
上歌「甕の竹葉は。〳〵。陰や緑を重ぬらん。其外籬の荻花は。林葉の秋を汲むなりや。晋の七賢が楽しみ。劉伯倫が翫び。只此水に残れり。汲めや汲め御薬を。君の為めに捧げん。曲水に浮ぶ鸚鵡は。石にさはりて遅くとも。手にまづ取りて夜もすがら。馴れて月を汲まうよや。馴れて月を汲まうよ。
ロンギ地「山路の奥の水にては。何れの人か養ひし。
シテ「彭祖が菊の水。したゞる露の養ひに。仙徳を受けしより。七百歳を経る事も。薬の水と聞く物を。
地「げにや薬と菊の水。其養ひの露のまに。
シテ「千年を経るや天地の。
地「ひらけし種の草木まで。
シテ「花咲き実なることわり。
地「其折々と云ひながら。
シテ「唯これ雨露のめぐみにて。
地「養ひ得ては。花の父母たる雨露の。翁も養はれて。此水に馴衣の。袖ひぢて結ぶ手の。影さへ見ゆる山の井の。実にも薬と思ふより。老の姿も若水と。見るこそ嬉しかりけれ。
ワキ詞「実にありがたき薬の水。急ぎ帰りて我君に。奏聞せんこそ嬉しけれ。
シテ詞「翁もかゝる御めぐみ。広き御影を尊めば。
ワキ「勅使も重ねて感涙して。かゝる奇特に逢ふ事よと。
歌「いひもあへねば不思議やな。〳〵。天より光りかゝやきて。滝の響きも声すみて。音楽聞え花降りぬ。是れ唯事と思はれず。〳〵。(中入)
後ジテ「ありがたや治まる御代の習ひとて。山河草木おだやかに。五日の風や十日の。天が下照る日の光り。曇りはあらじ玉水の。薬の泉はよも尽きじ。あらありがたの奇瑞やな。
地「是とても誓ひは同じ法の水。尽せぬ御代を守るなる。
シテ「我は此山々神の宮居。
地「又は楊柳観音菩薩。
シテ「神といひ。
地「仏といひ。
シテ「唯是れ水波の隔てにて。
地「衆生済度の方便の声。
シテ「峰の嵐や。谷の水音滔々と。
地「拍子を揃へて音楽の響き。滝つ心を澄ましつゝ。諸天来去の影向かな。(神舞)
シテワカ「松陰に千代をうつせる緑かな。
地「さもいさぎよき山の井の水。山の井の水。山の井の。
シテ「水滔々として波悠々たり。治まる御代の君は船。
地「君は船臣は水。水よく船を浮べ浮べて。臣よく君をあふぐ御代とて。幾久しさも尽きせじや尽きせじ。君に引かるゝ玉水の。上澄む時は下も濁らぬ滝津の水の。浮き立つ波の返す〴〵も。よき御代なれや。よき御代なれや。万歳の道に帰りなん。〳〵。

底本:国立国会図書館デジタルコレクション『謡曲評釈 第五輯』大和田建樹 著

このコンテンツは国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物により作成されています。
商用・非商用問わず、どなたでも自由にご利用いただけます。
当方へのご連絡も必要ありません。
コンテンツの取り扱いについては、国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物の利用規約に準じます。
詳しくは、国立国会図書館のホームページをご覧ください。
国立国会図書館ウェブサイトからのコンテンツの転載