冊子型のPDFファイルをダウンロードしていただけます。
プリントアウトの上、中央を山折りにし、端を綴じてご活用ください。

 

 

 

 

輪蔵

観世弥次郎作

ワキ 太宰府の僧
ツレ 火天
シテ 傅大士

地は 京都
季は 雑

ワキ次第「東に残る法の道。〳〵。迷はぬ教へ頼まん。
詞「是は筑前の宰府に居住の僧にて候。我若年の昔より。仏法修行の志浅からず候へども。いまだ都を見ず候ふ程に。洛陽の寺社に参り。殊には北野の天満天神は。当社御一体の御事なれば。参詣申さんと唯今思ひ立ちて候。
道行「筑紫舟。法の為めにと思ひ立つ。〳〵。雲路につゞく天の原。出づる日影の程もなく。難波の浦に着きしかば。是よりやがて旅衣。日も重なれば程もなく。都に早く着きにけり。〳〵。
詞「急ぎ候ふ程に。都に着きて候。是より北野に参らばやと思ひ候。
サシ「有難や釈迦一代の蔵経を。大唐よりも渡しつゝ。末世の衆生済度の為めに。輪蔵に納め結縁の。手に触れ縁を結ばせんとの。御神の誓ひぞ有難き。南無や傅大士普建普成。現受無比楽後生清浄土。
火天詞「なふ〳〵あれなる御僧。御身は筑前の宰府より来り給ひて候ふか。
ワキ詞「不思議やな都始めて一見の者を。宰府の者とは何とて見知り給ふらん。
火天「あら愚かの仰せやな。其方は知ろしめされずとも。我は朝夕白雲の。迷はぬ法の友人なれば。などかは知らで候ふべき。
ワキ「是は不思議の御事かな。さて〳〵かやうに承る。御身は如何なる人やらん。
火天「今は何をか包むべき。五千余巻の御経を。昼夜に守護し奉る。十二天の其中に。火天是まで来りたり。
ワキ「そも火天とはまのあたり。天部を拝み申す事よと。感涙肝に銘じつゝ。現とも更に弁へず。
火天「此方も御身の貴さに。
ワキ「随喜渇仰。
火天「さま〴〵に。
地「説き置きし。御法の花も色々に。〳〵。教へは多き道ながら。悟りは一つぞ胸の月。曇らじや三界。唯一心の外ならじ。所は北の宮居。北辰は動かず。天満つ星のめぐるなる。輪蔵をひらきて。静かに拝み給へや。
ワキ詞「あら有難の御事や。五千余巻の御経を。一夜に拝ませおはしませ。
火天詞「五千余巻の御経を。一夜に御僧の拝まんとは。おふけなき御事なれどもさりながら。御身父母の胎内を出でしより此方。五戒を乱さず慈悲を起し。仏道修行し給ふ事。
地「其功既に年久し。
火天サシ「然るに此御経に於て。大唐よりも渡されし。
地「傅大士普建普成とて。其身は俗体なりといへども。此三人の如何なれば。彼御経に値遇の縁。深き心の隙もなく。昼夜に経を守護し給ふ。
クセ「其後日本に。渡りし法の舟の内。難波路遥かに漕がれ来し。心筑紫の果よりも。仏法東漸の。都の北の宮寺に。
火天「納め給ひし昔より。
地「今末の世といひながら。類ひ稀なる上人の。結縁の利益仰ぎつゝ。衆生を済渡し給へ。我も姿を改めて。必ずこゝに来りつゝ。行道の利益なさんと。いふかと見えて失せにけり。〳〵。(中入)
ワキ「月は隈なき後夜の鐘。声澄み渡る折節に。
地「不思議や異香薫じつゝ。音楽聞え紫雲たなびく絶間より。花降り下るぞあらたなる。いひもあへねば妙経の。〳〵。守護神の御厨子の。扉は忽ち四方へひらけて。傅大士二童子顕はれたり。
シテ「釈迦一代の御法の御箱。
地「釈迦一代の御法の御箱を。彼上人に悉く与へんと。普建普成の二童子に持たせ。上人の御前にさし置き給へば。
シテ「傅大士座を立つて。
地「傅大士座を立つて。竹杖にすがり。膝をかゞめて上人を礼し。彼御経を読誦し給へば。善哉なれや善哉なれと。夜遊を奏して舞ひ給ふ。
地「いづれも妙なる舞の袖。〳〵。月も照り添ふ雲間より。天部の姿は隠れもなく。天降るこそ有難けれ。
火天「そも〳〵是は。釈迦一代の蔵経の守護神。十二天の其内に。火天の姿を顕はすなり。
地「火天忽ち天降り。〳〵。程なく目前に顕れ出でゝ。上人に向ひ。即ち結縁の行道の利益。めぐらし給へと。各立ち寄り上人を誘なひ。輪蔵に御手をかけまくも。かたじけなしと互におしめぐり。めぐりめぐるや日月の光り。曇らぬ御法のあらたさよ。
火天「是はこれ妙経の守護神なれば。
地「是はこれ妙経の守護神なれば。夜の間に転経の儀式を顕はし。上人悉く披見の其後。各御箱をとり〴〵に。遥の神前に運び給ふ。傅大士伴なひ神前に積み置き。いよ〳〵当社当寺の仏法。繁昌の霊地を崇め給へと。上人に教へ。天部は雲井に上らせ給へば。七宝荘厳の瑠璃の座の上に。傅大士二人の童子を伴なひ。〳〵。帰り給ふぞ有難き。

底本:国立国会図書館デジタルコレクション『謡曲評釈 第二輯』大和田建樹 著

このコンテンツは国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物により作成されています。
商用・非商用問わず、どなたでも自由にご利用いただけます。
当方へのご連絡も必要ありません。
コンテンツの取り扱いについては、国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物の利用規約に準じます。
詳しくは、国立国会図書館のホームページをご覧ください。
国立国会図書館ウェブサイトからのコンテンツの転載