冊子型のPDFファイルをダウンロードしていただけます。
プリントアウトの上、中央を山折りにし、端を綴じてご活用ください。

 

 

 

 

籠太鼓

世阿弥作

ワキ 松浦何某
ヲカシ牢番
シテ 関清次の妻

地は 肥前
季は 雑

ワキ詞「是は九州松浦の何某にて候。さても某召しつかひ候ふ関の清次と申す者。他郷の者と口論し。念なう敵をば討つて候。さりながら科人の事にて候ふ間。やがて籠者させて候。彼者大剛のものにて候ふ間。番の事かたく申しつけばやと存じ候。いかに誰かある。
ヲカシ「御前に候。
ワキ「彼者大剛の者にてある間。番の事かたく仕り候へ。
ヲカシ「畏つて候。
ヲカシ「いかに申し上げ候。清次が今夜籠を破りぬけて候。
ワキ「何と清次が籠よりぬけたると申すか。言語道断の事。さてこそ最前より堅く申し付けてあるに。さやうに油断仕りてあるぞ。さて彼者の子はなきか。
ヲカシ「いや子はなく候。
ワキ「妻はなきか。
ヲカシ「それは御座候。
ワキ「さあらば急いで其女をつれて来り候へ。
ヲカシ「畏つて候。
シテ詞「科人を召しこめられ候ふ上は。女までの御罪科はあまりに御情なうこそ候へ。
ワキ「いかに女。さても汝が夫の清次。今夜籠を破り失せぬ。夫婦の事なれば知らぬ事はあるまじ。まつすぐに申し候へ。
シテ「もとより賤しき者なれば。我身の助かり候ふをこそ喜び候ふべけれ。わらはにはかくとも申さず候ふほどに。夢にも知らず候。
ワキ「いや〳〵何と申すとも知らぬ事はあるまじ。まづ〳〵落居の有らんほど。夫の代りに籠者させ。其有所をたゞさんと。
地「いまの女を引き立てゝ。〳〵。いそぎ籠者になすべしと。さも荒けなき人心。情なしとは思へども。殺害の科をのがれえぬ。報いのほどぞ無慙なる。〳〵。
ワキ詞「やあいかに汝は女に向ひ何事を致すぞ。其のさげなるによつて清次をも籠より逃いてあるぞ。所詮いまよりは鼓をかけて。一時づゝ時を打つて番を仕り候へ。
シテサシ「げにや思ひ内にあれば。色は外にぞ見えつらん。包めども袖にたまらぬ白玉は。人を見ぬ目の涙かな。
ヲカシ「いや言語道断。籠中の女が狂気になりて候。やがて此よしを申さうずるにて候。いかに申し上げ候。籠中の女は以ての外狂気仕り候。
ワキ「是は誠にてあるか。
ヲカシ「さん候。
ワキ「あら不便や立ちこえ見うずるにて候。やあいかに女。何故さやうに狂気してあるぞ。
シテ「何故狂気するぞと承る。
カヽル「人の心の花ならば。風の狂ずる故もあるべし。況んや偕老同穴と。ちぎりし夫もゆくへ知らで。のこる身までも道せばき。なほ安からぬ籠の内。思ひの闇のせんかたなさに。物に狂ふは僻事か。
ワキ「げに〳〵夫の別れ籠者の思ひ。一方ならぬ身のなげきに。物に狂ふはことわりなり。さりながらいづくに夫の有処を。知らせばやがて呼びとつて。汝は籠より出だすべし真直に申し候へ。
シテ「是は仰せとも覚えぬものかな。たとひ夫の有所を知りたればとて。あらはし夫を失ふべきか。其上夫のありどころを。夢うつゝにも知らぬものを。
ワキ「やさしき女の言事やと。手づから籠の戸をひらき。はや是までぞとく出でよ。
シテ「御心ざしはありがたけれども。夫に代れる此身なれば。此籠の内をば出づまじや。
カヽル「是こそ形見よなつかしや。
地「無慙やわが夫の。身に代りたる籠の内。出づまじや雨の夜の。つきぬ名残ぞかなしき。西楼に月落ちて。花の間も添ひはてぬ。契りぞ薄き灯の。残りてこがるゝ。影はづかしきわが身かな。
ワキ詞「言語道断。かゝるやさしき事こそ候はね。此うへは夫婦ともに助くるぞとく出で候へ。
シテ「かほどに情ましまさば。始めよりかく憂き目を見せ給ふべきか。
カヽル「さるにても我夫はいづくにあるやらん。なふ心が乱れさむらふぞや。
一声「みだるゝは。柳の髪か春雨の。
地「涙にむせぶ心かな。
シテ詞「なふ〳〵これなる鼓は何の為めに懸けられて候ふぞ。
ワキ「あれこそ時守の時を知る相図の鼓よ。
シテ「おもしろし〳〵。異国にもさるためしあり。かやうに鼓をかけて時を守りしこともあり。其心を得て古き歌に。時守の打ちます鼓声きけば。時にはなりぬ君はおそくて。
地「おそくも君が来んまでぞ。
シテ詞「なふ此鼓を打つて心がなぐさみたう候。
ワキ「やすき間の事いかやうにも打つてなぐさめ候へ。
シテ「鼓の声も音にたてゝ。
地「なく鶯の青葉の竹。
シテ「湘浦の浦や娥皇女英。
地「諫鞁苔むす此つゞみ。
シテ「うつゝもなやななつかしや。
地「鼓の声も時ふりて。〳〵。日も西山に傾けば。夜の空も近づく。六つの鼓打たうよ。五つの鼓はいつはりの。ちぎりあだなる妻琴の。引き離れいづくにか。わが如く忍音の。やはら〳〵打たうよや。やはら〳〵打たうよ。四つの鼓は世の中に。〳〵。恋といふ事も恨みといふ事も。なき習ひならば。独ものは思はじ。
シテ「九つの。
地「九つの。夜半にもなりたりや。あら恋しわが夫の。面影に立ちたり。うれしやせめてげに。身がはりに立ちてこそは。二世のかひもあるべけれ。此籠いづる事あらじ。なつかしの此籠や。あらなつかしの此籠。
ワキ詞「此上は諏訪八幡も御知見あれ。夫婦ともに助くるぞはやとく出で候へ。
シテ「げに此うへはさればとて。御いつはりはよもあらじ。まことは夫のありどころ。筑前の宰府に知る人あれば。そなたへ行きてや候ふらん。
ワキ「いしくも隠さず申したり。しかも今年はわが親の。十三年に当りたれば。科ありとても助舟の。
シテ「松浦の川や西の海。
ワキ「彼国ちかき。
シテ「極楽の。
地「弥陀誓願のちかひかや。科を助くるあはれみの。あらありがたの御慈悲や。
キリ「やがて時日をうつさず。〳〵。かくれし夫を尋ねつゝ。もとの如くに帰りゐて。むすぶ契りのすゑ久に。松浦の川や二世の縁。げにありがたき心かな。〳〵。

底本:国立国会図書館デジタルコレクション『謡曲評釈 第一輯』大和田建樹 著

このコンテンツは国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物により作成されています。
商用・非商用問わず、どなたでも自由にご利用いただけます。
当方へのご連絡も必要ありません。
コンテンツの取り扱いについては、国立国会図書館デジタルコレクションにおいて「インターネット公開(保護期間満了)」の記載のある書物の利用規約に準じます。
詳しくは、国立国会図書館のホームページをご覧ください。
国立国会図書館ウェブサイトからのコンテンツの転載